LOG IN

加藤靖久 PISS! PISS!! PISS!!!

2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

≫ EDIT

今晩11時より!!

チャット大会します。

 

一応名目上はmixiの俺のコミュニティ『エダマメ部』の

“第2回部会”なんだけれども、

そこは千客万来ってコトで、どなたでも参加OKです!!

深夜までやってるので、途中参加も無問題。

ちなみに前回第1回はトリノオリンピックの開会式までやってました・・・。

 

入り口はコチラ。

http://edamame.crown.cgiboy.com/

 

パスは俺の誕生日で(笑)、

西暦の下2桁+月日で6桁の数字を入力してください。

 

明日の第10回『ばんばんざい!!』

直前に迫った『剣』の劇場公開、

そして『美しの水』について、色々語りましょう!!

 

もちろん、普段聞けない質問やら、人生相談、セリーグ開幕、日本の将来etc・・・。

 

ま、チャットだからなんでもありっすよ!!

 

では、待ってま~す★★★

| 日記・独り言 | 19:10 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『キリテ』&PSP&配役発表!!

301128.jpg

まずは、ご来場頂いた方、

来れずとも応援してくださった方、

ありがとうございましたっ!!!

 

今回は原作の世界観どおり、

いつにも増して幻想的な舞台になったように思います。

【親方】もね、ナカナカニ面白い役でしたな。

演出・西田曰く、

「次につながる為に、この役で覚えて欲しいコトがある。」

うん。承知。

そんなモチベーションで取り組んだ役でしたが、

みなさんの目にはどう映ったでしょうか??

301129.jpg

あ、観に来れなかった方へ。

こんなシーンなかったス。

こんなスマイリーな役では無かったス。

捏造ス。

舞台写真を撮る時間があったんですけどね、

いい感じの照明になってたんで舞台に上がり、

洋二郎に撮ってもらいました。

サンクスアソシエイツ。

本当はアクションとかもやりたかったんだけどね・・・。

ま、ま、ま。

 

それにしても光田さんの曲はキレイだよねぇ・・・。

いつかまた演じてみたいです。

あんな旋律が流れる世界で。

本当にお世話になりました!!

 

で。

遅ればせながらPSPゲーット!!!

 

なんでかっつーとね。

徒党を組み、嬉々としてモンスターをハントしまくる劇団のみんなの仲間に入りてぇな~と思ったワケではなくてね。

そもそも俺、あんまゲームやんないの。

でもね、なーんかウラヤマシイ感はむちゃくちゃあってさ。

「アレ欲しー。」

ってウインドウ越しにトランペットを見つめていたのだよ。

ほしたらね、いつもお世話になってるメイクのMちゃんからこんなコメントが。

「かちょさーん。昨日、卒業式の謝恩会でね、PSPが当たったの。」

「ほーん。やったじゃん!」

「でもアタシ、ゲームってファミコン以来やってないんですよねぇ。。。」

キラーン。

「・・・それ1万で売らない?」

もうね、そこからは電光石火の超特急。

【俺に売ることが貴方にとって如何に有益か】

を10秒で伝え、商談成立!!

Mよ、ありがとう。愛してます☆☆☆

騙したワケでは決してないからね。

301124.jpg

で、今は毎日一緒に寝てます。

記念すべき一発目に入手したソフトは『EXIT』。

思考型アクションとゆージャンルにカテゴライズされるコイツがまた

オモシレーのなんのっ!!!

 

劇団の仕事や、その他モロモロやんなきゃいけないコトが山ほどあんだけどさ、

しばらくはコイツの虜っす。病みついておりやす。

 

そんでもって。

次回公演『美しの水』の配役発表が先日ありました!!

 

俺は・・・・

 

 

 

 

 

 

念願だった役を

戴くコト

が出来ました!!

 

これはね、本っっっっっ当に嬉しかった。

モンの凄いドキドキしましたですもの。

ワタクシ。

 

只々、心を込めて演じようと思います。

 

本気の加藤靖久をご期待下さい。

 

あ、前回約束してた品でございます。。。

301126.jpg
 

| 日記・独り言 | 00:38 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

舞台「KiRite-キリテ」出演

Office ENDLESS produce vol.4
【KiRite-キリテ】 
276503.gif
 
2006年3月22日(水)~26日(日)
劇場:シアターサンモール
 
■原案・作曲: 光田康典    原作:加藤正人
■構成・演出: 西田大輔
出演
田中良子/村田正和/濱田純司/加藤靖久
八巻正明/村田洋二郎/中川えりか/佐久間祐人/渕上善一
澤口渉/岩崎大輔/安藤繭子/竹内諒太
 
★詳細・チケット・稽古場日記はこちらの「キリテ」サイトをご覧下さい

| 映画・演劇・舞台 | 17:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4度目の・・・。

シアターサンモールでございます。

今日から『キリテ』の劇場入り。

 

もろもろのスタンバイのお手伝いをした後、

キャストはいったん開放されたので

コンタクトや小道具をそろえがてら高円寺にもどってきたトコです。

 

つーか!!!

韓国戦観たかった!!!

最終稽古だったので、当然観れず、

休憩に入るたびにR25式モバイルでチェックしつつ、雄叫びを上げまくっておりました。

 

イチローッテオモロイネ。。。

 

さて。

そろそろ劇場に戻ります。

あ、今回の公演の当日パンフレットに

『剣』のチラシが折り込まれます!

 

さっき劇場に届けられた刷り立てホカホカを手にとって、

「うっわ、映画のチラシみてえ・・・。」

と一般人目線で素直な感想。

そして感慨。逢いたかったぜチラシちゃん☆☆☆

演劇のチラシと違ってあんまり色んな所に出回るシロモノでは無いので、

今回の『キリテ』チャンスかも。

 

あとで写真撮ってアップしますね♪

| 映画・演劇・舞台 | 15:49 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

漢の背中!?

ついさっき、我が劇団の“珍獣”から原チャリ借りて帰ってきた。

早朝の空気はまだ冷たく、手袋とダブルマフラーで完全装備。

なかなかに気持ち良く、眠気オールクリア。

今日は1時間以上かかるであろう稽古場への道のりをコレで向かう。

・・・昨日みたいな強風が吹かないコトを切に願う。

 

で、この写真。

287208.jpg

『バキ外伝 疵面-スカーフェイス-』2巻、

『バキ』31巻の同時発売を記念して

もれなく【漢の背中】が手に入るという夢のような企画!!

・・・いやぁ、コレには劇団男子一同が喰いついたね。

花山薫の“侠客立ち”と範馬勇次郎の“鬼の貌”の

激熱な2ヴァージョンがあるんだけどもね、

コレは絶対、伝説の素手喧嘩師っしょ!!!

 

でもさ、街で同じの着てる輩とバッタリ出くわしたりするのを

想像するとさぁ・・・・・。

 

 

 

 

最高じゃないですかっ!!

 

出会わねぇか・・・。

| コミック・アニメ・ゲーム | 06:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜明けとリハビリ。

だいぶブランクが空いてしまいました。

前回の日記から3週間強

色~んな出来事が身のまわりで連続発生し、

修学旅行の夜にフト思ったりする『ん?コレって現実?夢の中?』的な

フンワリした感覚に包まれつつ、バタバタと日々を過ごしてます。

 

ひとつ、ボンヤリと頭の中に浮かんだ。

仕事も恋愛も人間関係も、そしてきっと政治とか国際問題とか宗教みたいななんか詳しくは知らないし知りえない規模デカめな世界の出来事も、

歴史上起こったありとあらゆる事件は、“ほんの些細なズレ”がきっかけになって発生するんだなと。

なにかしらのトラブルに直面した時、それがもう後戻り出来ないぐらいの状況になっちまってる時、

「何でこんなんになってんだろう・・・?」

って無理くり平静な心持ちに自分を誤魔化してそれまでの出来事をふりかえってみると、

モンの凄ェしょーもない食い違いや、くだらない妙な意地などが

【極小のズレ】を生み出し、この八方塞りの言わば“将棋の詰み”状態に貶めているコトに気付く。

んで、

「あああああああああああああ~もうっ!!!」

って脳ミソを直接掻き毟りたくなるような自責&情けなさに襲われまくるんだけど、

当たり前のように手遅れで途方に暮れる。

それでも手足をバタつかせてなんとか挽回する手段を探してみるも、

急斜面を転がり、なおも加速する雪球の巨大さに改めて気付かされ絶望する。

以下、その無限ループ・・・。

 

誰もがこんな経験してるんだろうなぁ。。。

昔、TVで耳にした言葉。

【出来事の善し悪しは、それが起きてる時点では判断できない。

全てのジャッジはその後の歴史が決定する。】

ふーん、なるほど。そりゃそうだ。

誰の言葉かは完全に忘れたが、エライ心に残ってる。

その場で冷静な判断が出来ないから皆困ってるのにね。

そんな冷静な目で捉えられたら誰も涙を流さずに済むのにね。

せっかくだから使わせていただこうかなと。

これからあと数十年続くであろう人生の中で、

何回分岐点に直面し、

右に行くか左に行くかの選択を迫られるんだろうね?

なるべくなら悲しくなりたくないし、

なるべくなら誰も傷つかない方がいい。

なるべくならその場で立ち尽くすのは御免だし、

なるべくならいつでもニコニコしていたい。

素直にそう思う。

 

だけどね、D.I.Jに対する憧れもどうしても捨てきれないんだよなぁ・・・。

287205.jpg

朝が来た。

とりあえず身体を休めよう。。。

| 日記・独り言 | 06:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月