LOG IN

加藤靖久 PISS! PISS!! PISS!!!

2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

看板に偽り無し。

や、もうホント衝動的に。

でもエライ久々だったわ。

だって件の“たまごポケット”とは初対面だもの。

588369.jpg

しかしね!!

この奇跡のくぼみの【ホールド力】がいまいちでさ。

1、器に麺を入れる。

2、くぼみに卵をダンキンシュート(@岡村ちゃん)

3、熱湯を注ぐ。

の手順でやったら、あっさり卵が退いてやんの。

その様はあたかもカーリングの如し。

チーム青森のエース・まりりんにイイのをスコっと決められた感じ。

んでもってあろうことか黄身が崩れちまいやがってさ。。。

 

ま、器の縁に沿ってソロリソロリと注げば良いんだろうけど、

長年愛用していたピーピーケトル(死語)が大往生して、

(末期には熱湯が注ぎ口(?)の根元からダダ漏れ)

フライパンで代用した俺には日本人的な繊細なプレイはどだい無理で。

 

そんな有り得ない悲壮感200%な状況に追い討ちをかけたのが、

『ネギの買い忘れ』ですよ。・・・嗚呼、生まれてすみません。

だってね、【卵・ネギ・荒挽きコショウ】が三種の神器なワケですよ。

風神と雷神が死んどるんですよ。

“韋駄天のヒロシ”と“鬼のキヨシ”がやられてしまいよるんですよ。

天羽セロニアス時貞しか残っとらんのですよ。

“悪魔の鉄槌(ルシファーズ・ハンマー)”オンリーですよ。

特攻の拓知らない人には意味不明すぎる数行ですよ!!!

 

そんな不甲斐ない現状を呪いつつ、

でもやっぱ下品なまでの止め処ない食欲にはアッサリ完敗して、

「ちっ」と舌打ちを3回する間に平らげた。56秒。

 

うまい。

 

すぐおいしい。

 

すごくおいしい。

 

看板には一点の曇りも無い。本当に美味。

だもんだから即座にコンテニューをクリック。

つまり、上の写真は2杯目なり。

 

右手の熱湯まみれによる激痛も厭わず、

細心の注意を払って【黄身をセンターに死守】のミッションを完遂。

SGT.ネギ参謀不在の無念を晴らすべく、

かのハンバーガーヒルもこんなに執拗に投下しなかったであろう

無数の黒コショウの雨を降らせ、2代目が完成した。

 

ホクホク食べた。

かぶせた皿をはずし、堪らない芳香の湯気を嗅いで

自然と生まれた笑顔が崩れないうちに完食した。48秒。

大満足。

 

ふうわりとした多幸感に全身を包まれながら至高の一服。

ゆるゆると煙を吐き出しだせば、

そのシルエットは見紛うこと無くこの子だったよ。

588447.jpg
 

喰ってみ。

スポンサーサイト

| 料理・飲食 | 04:09 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

怪奇・食人植物!!

575961.jpg

 

食べられる5秒前。

| 日記・独り言 | 00:33 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍が如く~すごいよカズマさん~

や、どっぷり。

575958.jpg

 

こんなに中毒的にハマったのはドラクエ?以来ですわ。

つっても俺は基本ゲームはあまりやらんのです。

家にゲーム機無いし。

ファミコンとメガドライブで止まってます。俺のゲーム史。

プレステも数回借りたコトがあるぐらいだし。

だからアンドレの事務所で狂ったように連続プレイしてます。

劇団の後輩達からの「このヒマ人がよ~」

の冷たい視線を存分に背中に受けながら、昨日も朝まで。

 

だってコレ、めちゃめちゃクオリティ高いんだもの!!

ド熱いストーリーもマニア心くすぐりまくりの小ネタの嵐も

濃すぎるキャラ達もことごとく俺のツボを押しまくるんですもの!!!

そんなにやって飽きませんか??飽きませんっ!!!!!

 

さ、今夜は【不人気キャバクラの経営建て直し】をしつつ、

同時に【別の店の新人ホストになって一月でNO.1になる】

というお水の花道で夜王なイベントをクリアしよっと♪

待ってろよ、神室町の住人ども!!!

 

あ、別に水商売の人育成ゲームじゃないです。

念のため・・・。

 

龍が如く龍が如く2

| コミック・アニメ・ゲーム | 23:04 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感謝と宣言とSEXY写真。

こんばんわ。

や、おはようございます。

や、ご無沙汰しております。

 

またしてもひっさびさの更新になってしまいました。。。

2007年一発目の舞台、『GO』から2週間が経とうとしています。

AND ENDLESS公式HPの特設ページにも書きましたが

今回の公演は忘れられない、そして忘れてはいけない作品になりました。

旗揚げしてから10年とちょっと、初めての経験でした。

俺が登場する際、楽屋前にある奈落口からセリに入ってスタンバイしていたのですが、

突如「プッシュ~!!」と空気の漏れる音が。

これがまた結構な勢いでしてね。(舞台上にいた役者達にも聞こえていたらしい)

セリ昇降をオペレートして下さっていた舞監補さんと

「??」のアイコンタクトをしていたんですが、謎の気体の噴出は止まらない。

前日の夜公演でもこの小ゼリが途中で止まってしまうハプニングがあったので(すぐに修復)、

「このまま作動しなかったらどうしよう?」

「さすがによじ登るのは難しいな・・・。」

「裏から回って普通にソデから出るのはどうだ!?」

「登場まで1分を切っている。無理だ!!」

「やってみなくちゃ分からんだろうがっ!!」

「またそうやって無茶をしたがる。オマエの悪い癖だぞ。」

「じゃあ、どうすりゃイイって言うんだよっ!!」

「そ、それは・・・。」

「ケッ、話になんねぇ。俺は行ってくるからな!!!」

「待ちなさい、お若いの。」

「何だよ!?時間がねえんだってば!!」

「抗うな。受け入れろ。すべては繋がっているのじゃ。」

「うるせえ~っ!!!!!!」

 

と脳内会談が緊急開催され、議論が収拾つかなくなってきたその時、

噴出が止まった。静かになった。年寄りの言う事は聞くもんだ。

「・・・楽しい祭にしようじゃねぇか。フロイス!!」

荘厳な音楽と共に、俺と宝箱を載せたセリは上がっていく。いつもどおりだ。

正面に振り向き、十字を切ろうとした瞬間。。。

 

セリが止まった。

 

数人のメンバーからも後で聞かれたのだが、

「宝箱を面側(舞台の一番前。ツラ)に置き過ぎたんじゃないの??」

ヘンなところで異常に几帳面っぷりを発揮する変態A型の俺がそんな凡ミスを犯すワケが無い。

最も近い位置(当然だ)から見た、真相はこうだ。

あと少しで宝箱がお客さんからも認識できるであろう高さに来た時、

突如2本のバーが左右から出てきて、がっちりとセリをストップさせたのだ。

学校の技術室にあった万力の先っちょみたいな奴。ここは通さん!!って感じで。

この【セリ】は空気の圧(?)の力で上げ下げをさせているのだが、

その空気を送る管が老朽化のためヒビだが穴だかがあって、

そこからガンガンに漏れていたらしい。なんじゃそりゃ。

全くもって有り得ない話だ。

 

その後の事は、ご存知のとおりです。

詳しく知らない方もいらっしゃるかと思いますが、敢えて書きません。

 

ただ。

あの場に残ってくださった皆さんから本当に大きな力を頂きました。

舞台の上にいる時、体中が震えるような感覚を何回も味わいました。

きっとそれは想いであり、同時に暖かさだったと思うんです。

すごい感覚的なのだけども。揺るがない確かなもの。確かな力で満ちていました。

終演後、出演者一同でお見送りをしました。

あの時の皆さんの顔、掛けて頂いた言葉、絶対に忘れませんから。絶対。

 

今年はこのあとAND ENDLESSでは5月・8月・11月に公演を予定しています。

舞台の借りはきっちり舞台から返します。返させて下さい。

 

我々は劇団であり、俺は舞台俳優ですから。

 

本当にありがとうございました。

 

 

以下は公演中&終了後に撮ったお宝ショット。

つまらないものですが、お納めくださいませっ☆☆☆

 

『佐久間“あけおめ”祐人・35歳のM字開脚』

575964.jpg

『村田“OZMAじゃねぇ”洋二郎・26歳のM字開脚デラックス』

575965.jpg
 

『伊藤“ペコちゃん♂”寛司・20歳の魅惑のチラリズム』

575967.jpg

『西田“うつけの大殿”大輔・30歳のバスルームから愛を込めて』

575963.jpg
 

・・・お口に合いますでしょうか??

| 日記・独り言 | 07:38 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。