LOG IN

加藤靖久 PISS! PISS!! PISS!!!

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不安の種。

ご存知であろうか??

以前『チャンピオンRED』誌にて連載されていたホラー漫画である。

もうね、ちょっと普通じゃないよコレ。

752197.jpg第1巻【フタの章】

752198.jpg第2巻【ぼーの章】

752199.jpg第3巻【の章】

どーよ!?このインパクト!!!

この作品は、最近流行りの都市伝説的な匂いを孕んだエピソード、

あるいは、夏合宿の深夜、部屋の灯りを消してヒソヒソと語られる怪談話の様な

誰にでも起こりうる日常の奇妙な体験談を

『本当にあった怖い話』や『新耳袋』風のオムニバス形式で綴る短編集。

しかも、ご丁寧な事に単行本の背表紙には

“この本の8割はフィクションです”の煽り文句。

そして各エピソードのラストには

その事例が起こった地名が表記されていたりする。

(ほほう。なかなか演出が凝っていらっしゃる。)と思われるかも知れないが、

いやいやいや。

某サイトにて実際に作中に出てくるアパートに住んでいるという人物から

これ以上犠牲者を出したくないので

という論旨のもと助けを求める発言から騒ぎになっていたりもしている。

(実際に写真をアップしたりしてます)

 

でね。

俺が何でまたこの作品に強く惹かれてしまったのかっつーとね。

すっげーわかる】からなんです。

あの~、このPISS!を始めて2年と数ヶ月が過ぎてから白状するのも

まぁ、なんつーか変なハナシなんだけどもね。

俺、見ちゃうんですよ、かなり。ん?感じちゃうかな??

当たり前ですが、胸張って自慢するコトでもねぇし、

飲み会とかでワタシ、霊感強い人なの♪発言オンリーで

場の中心になろうとするタイプの女子が

大っっっっっっっっ嫌いだったりするのでね。

(そんなモン、あたしゃ一発で見抜けるつーの!!真・贋は!!)

俺もそんな風に見られたら嫌(むしろ恥ずかしい)なので、

わざわざココでは発表してなかった訳です。

 

小学生低学年のころ、

“心霊写真の本”なんてのがクラスで流行って、

“アナタの知らない世界”だの“宜保愛子”だのがメディアで騒がれだした時期があってね。

(その頃水曜スペシャルでは

 “アントニオ猪木が子供たちを引き連れて心霊スポットを巡る”

 なんて企画をやってた記憶が。

「みんなー怖くなんかないぞー。おい!幽霊よ!!どこからでもかかって来い!!」

 とか言ってたなぁ・・・。今思えば、どシュールな番組っすな。)

 

その頃は、【その手のモノ】が苦手で苦手で。

近所のちびっ子連中で集まって幽霊マンションとかに探検しに行っても

女の人の呻き声とかが聞こえて真っ先に泣き出しちゃったりしてたのですよ。

でも、まわりの皆は「へ?今、何か聞こえた??」ってキョトーンとしてる。

おそらくあまりにもビビリな靖久少年は【怖いなにか】を想像で創り上げてたと思うのさ。

「怖い怖い怖い!!」ってなって強烈にイメージして、

勝手に現象を感じ取って「ほらーっ、やっぱりー!!うあ~ん!!!」

みたいな至極ハタ迷惑な自己暗示・自己完結の日々。

 

だけどね、そんな事が幾度となく続いていくウチに

(なんで皆は分からないの?こんなに怖いのに。・・・んん?ひょっとして。。)

普通ならさ、ここで【自分ってダウト】に気付きそうなもんだけど、

当時の俺の思考回路はとんでもない場所に着地点を見出した。

(これって当たり前。みんな感じてるけど怖くない。ビビリ、カッコワルイ

それからはもうね、俺の自己暗示のリミッターが解除されてしまったのか

めくるめく怪奇現象が起こるようになった。ライク地獄先生ぬーべー。

 

ある夏の午後に昼寝をしていれば、

突然両足をつかまれて強く下の方に引っ張られ、

(ん?お父さん??)と思うも、その尋常じゃない力に

「あ、これまた来ちゃったわ。。」と足をバタつかせ何とか振りほどいて見てみると、

両足のスネにびっしりと爪あとが残っていたり。

 

ある日のテスト中消しゴムを落とせば、

親切に拾ってくれたのがだけ”だったり。

 

ある夜の帰り道ふと歩道橋から視線をやれば、

白いワンピースを着た女の子がいきなり車道に踏み出し、

(あ、ぶつかる!!)と思って声をかけようとしたら

車もバイクも彼女の身体を何事もなく抜けていったりした。

(みるみる彼女の身体は透明になっていき、やがて、消滅した)

 

で、俺は完全に麻痺した。

恐怖に感じる気持ちを“ビビリ、カッコワルイ”が完全に凌駕したのだろう。

そして【感じちゃう力】だけが残った。

だから正直な所、いわゆる霊感というもの持っているのかどうかは定かじゃない。

 でも、この感覚は間違いないと思う。

(あ、ここ何かマズイ・・・。)が外れた事もない。

 

 話を戻す。

『不安の種』の作者である中山昌亮氏は、

単行本の中で「自分に霊感というものは、おそらく無い」と告白している。

独自の取材で入手した様々なエピソードを【見世物として】きっちり描いてるだけだ。

にしても。

登場人物達の現象に遭遇して“しまった”感があまりにもリアルなんだよね。

日常を生きていてふとした瞬間に自覚する【ダウト感】。

気配のする方を見ると、そこに、いる。

それは、見てしまった事は結果でしかないから、

恐怖よりも先に「えっ??」ってなるアノ感じ。

もう、すんごいリアル。分かる。

表現者としてのスキルに拠る部分も多大にあるけど、

あの感じを、ああまで生っぽく描けるのは普通じゃない。

 

読んでいる時よりも読んだ後、しばらく時間が経ってからの方が
より一層色の濃くなる、そんな恐怖。

 

752201.jpg不安の種+、第1巻!!

 

掲載誌を『週間少年チャンピオン』に移して連載しております。

こっちはすぐに入手出来るはず。

 

ちょっと季節外れになりつつはあるけど、

今年の夏(まだ言ってんのかよ)のニオイの尻尾をつかむべく、

素敵な“ゾゾッ”をお約束しますぜ。。。
 

スポンサーサイト

| コミック・アニメ・ゲーム | 00:43 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

禁煙ブームの影!?と『switch』

先日、だいぶ遅くなった夏休みで帰省

ちょっと前のニュースでも取り上げられていたんだけど、

名古屋では政令指定都市初となる“タクシー全面禁煙化”になっているのですわ。

来年には東京でもそれが施行されるとかも耳にしていたから

少々ゲンナリして実家の玄関を開けたら、

お出迎えのコイツまでもが。。。

747130.jpg

やっぱ何やかんや言っても健康第一っしょ♪」

 

その日の晩御飯はお母上特製のビーフカレー

大抵は加藤家秘伝のお好み焼き(しょう油で焼く。旨し!)をおねだりするので

これマジで10年ぶりぐらいに食べました。

辛さはほとんど無いんだけど、涙がこぼれそうになるぐらい旨かった!!

う~皆さんにも味わってもらいたい一品だ。

747129.jpg

デカめジャガイモ人参牛肉!!!たまらん♪」

 

いよいよ本日より、

プロレスの聖地ディファ有明にて

 switch”開幕!!

747576.jpg
こないだ仕込みの手伝いをしてきたんだけども、

やっぱ会場すごいんだよな!!

去年『美しの水』でお世話になった新神戸オリエンタル劇場とかシアターアプルとかとは

また一味違うスケールのデカさ!!セットもゴツイ!!!

なんつーか濃い!空間が、空気が、なんだかとっても特濃なんだよね。

楽屋もチロッと覗いてきたんだけど、試合に負けた外人レスラーが「ガッデム!!」

とか叫びながら鉄拳を喰らわしたであろう穴が壁にボコっと開いてたりすんだよ!!

 

で、出演者君たちは揃いもそろってキッレーな顔してんだよね、みんなさ!!

会場の濃さと出演者の爽やかさが奇跡的なケミカルリアクションを起こすに違いない。

期待して良し!!なニオイがプンプンしてましたぜ。。。

 

あ、俺は土・日のどこかで行こうと思ってます。

劇場で見かけたら気軽に声を掛けてくださいね♪

| 日記・独り言 | 22:33 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カッチョ良すぎだろ!!

ん?って??

愚問じゃい!!!

天晴れ

阪神タイガース!!

739569.gif


いやぁ、マジで最高すぎる☆

だって一時は首位まで12ゲーム差あったんだぜ?

やっぱ阪神が調子良いとさ、

毎日毎日が本当にハッピーになるもんね♪

俺ね、ファン歴22年とかなのに実は甲子園童貞だったりするんです。

だからこのタイミングで乗り込んでやろうかと

本気で計画中だったりします。

だって、楽しそうじゃない!!

熱唱したいさ、六甲おろし!!

道頓堀!?頭からダイヴしてやる!!

無論、全裸だ!!!

ともかく、俺は全身全霊を込めて応援してるからな。

このままの勢いでガンガンいってくれよ!!!!!

 

個人ではさ、今日本で断トツにカッチョ良いのはこの男でしょう。

739567.jpg

コレは偉業!!ハンパないぜ!!!

もっともっと賞賛されるべきだと思う。

リスペクト!!!

| スポーツ | 07:05 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台風と熱湯と感謝と俺。

今ちょうど上陸してる感じっすかね??

 

昨晩、AND ENDLESSの反省会&ミーティングがありまして、

そのまま事務所にてカタカタとPC仕事をしておりまして、今です。朝です。

ええ、モチロン遊びもしましたよ。

洋二郎&俺VS大輔&雅和で炎のウイイレ対決もしましたとも。

一進一退の大激戦の結末は延長戦まで縺れ込み、後半ロスタイムに

“大輔が蹴ったコーナーキックを雅和が空振り(ヘディング)し、大輔自ら押し込む”

という何だかな~そんなんでイイの~みたいな幕切れでした。

最終的な結果は5-4で負け。

あんまりにも悔しがる俺と洋二郎にギャラリーどもは

「いやぁ、コレはアンドレ史に残る好ゲームでしたよ!!」

「観てるだけで感動しましたもん、熱すぎてっ!!!」

なんてフォローコメントをくれたりしたんだけど・・・

737362.gifそんなの関係ねぇ!!

勝たなきゃ意味ねぇよ。ゲームと言えど。1000円とられたし。

 

つーか。

観ました?例のヤツ。

24時間テレビの【熱湯事件】っすよ。

や、俺も稽古の終盤でけっこうモロモロやってた時期ではあったんですけどね、

やっぱりリアルタイムで観てたわけですよ。テレビっ子としてはハズせないのよ。

CX27時間&日テレ24時間の深夜枠はさ!!

いや~素晴らしい空気でしたな、アレは。香ばしい香ばしい。

やっぱ何か問題あったのかね?もうyoutube消されてたし。

他の芸人さん達がラジオでコメントしていたのもアップされてましたが、

実に味わいのあるモノでしたわ。面白すぎる。

 

上の“時の人”のはなかなかにクオリティが高いんだけどさ、

737368.gifキャーニッ!!

このブートキャンプの人のは同じような動きしてるクセに

えらい完成度低いよね。顔似せる気ハナっから感じられないよな、コレ。

好きだけども。

 

あとね、ひっさびさにGEMEDESIGNで遊んだりしたんだけどね、

コレのスライディングブロックっつーのが全くクリアできないのよ!!!

俺と佐久ちゃんと岩崎と3人がかりで挑んでも撃沈したっつーの!!!

http://www.gamedesign.jp/flash/slidingblock/slidingblock_jp.html

・・・挑戦者求む。マジで悔しいんですけど。

 

 

いやいやいやいや。

そんなのを書こうとしたワケじゃないんですよ、今回は!!

 

おかげさまで第28回公演『子どものナイフ』も無事に終了致しました。

一つの作品を15ステージもやれる機会は滅多にあるものではありませんので、

劇団にとっても個人的にも、とても有意義な時間だったように感じます。

 

今回の作品の感想やご意見を沢山拝見させていただきました。

改めて、皆さんに支えられている事の重みと有り難さを痛感したと同時に、

次に皆さんにお会いできる機会が年末に待っている事に対して

素直な喜びと共により上質な作品をお届けしたいという

ややフライング気味な意気込みを感じるんです。強く。強く。

 

大輔がカーテンコールで必ず言っている言葉。

僕達はいつでも舞台で待っています

この言葉がですね、えらい響いたんですよね今回。

あいつの横に並んでるクセにね。

 

年末の舞台、スゲェのにしてやろうと思ってます。

今日は、心からの感謝をお伝えします。

本当にありがとうございました!!!

 

 

蛇足とは自覚しつつも、

最後は俺のアホ写真で。

737363.jpg

なんかさ、この俺【マキシマムザ亮君】に似てる。

なんでこんなに顔赤いんだろ?酒は入ってないよ。本番前だし。

後ろを高速で通過してんのは能龍君。

手には“なめこ汁”。そんなにすぐ飲みたかったのか。

737365.jpg

打ち上げを終え、帰宅直後。

仕方ネーダー。。。

| 映画・演劇・舞台 | 09:28 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

舞台「子どものナイフ」出演

AND ENDLESS summer edition 2007 

【子どものナイフ】
The Children's Dagger

naifu.jpg

2007年8月23日(木)~9月2日(日)
劇場:シアターΧ

1971年12月5日――。

ウィーンの自宅にて

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト死去。

彼の死にまつわる謎は多い。

そしてこれはもう一つの話。

 

もう一つの部屋で行われていた

彼にまつわる大事なもう一つの話。

 

――そのナイフを、私は確かに見たんだ。

 

作・演出:西田大輔

CAST

西田大輔 田中良子 村田雅和 佐久間祐人

加藤靖久 八巻正明 村田洋二郎 中川えりか
岩崎大輔 安藤繭子 竹内諒太 伊藤寛司 

一内侑 宮本京佳 矢口雄
GUEST
芳賀恵子
山田能龍(東京サギまがい)

黒川賢一(Garden) 

★タイムテーブル等の詳細は こちらの特設サイトをごらんください★

| 出演履歴 | 00:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナイフの裏側・・・。

はい

今日も一日が終わりました。

残すところはあと3ステージ。いよいよファイナルに向けての秒読みが始まります。

 

んで。

ちょっとタイミングが早いかも知れませんが、

ナイフ写真館の第一弾をお届けしちゃいます♪

(うす~くネタバレを含んでますので、舞台未見の方はスルーしちゃって下さい)

732166.jpg

お約束通りの能龍君@メーク中。

2枚撮ったんだけどね。

もう1枚の方は狙った面白顔しやがったので敢えてこっちを(笑)

油分70%OFFのワッキーみたい。

732168.jpg

銀魚・金魚』に引き続き、仮眠をとってる雅和。

コイツはね、ほんっっっとに良く寝てる。

ツタンカーメンばりの安静な上半身に対して下半身のツイストっぷりね。

寝にくくないのかね?だって普通に床の上だぜ??

732169.jpg

そしてこの人。

普通に寝てるだけなのに“酔っ払っちゃった感”が醸し出されるのは何ゆえか。

たぶん、日サロ行ってもこんな感じなんだろうなぁ。。。。

732172.jpg

ウォーミングアップ中、ピアノで遊ぶ諒太。

コイツ、指が肉体労働者の方ばりにゴツイから一音一音を鳴らすのだけで大苦戦。

だって明らかに【指の太さ黒鍵】なんだぜ。

俺も繭子から『男はつらいよのテーマ』、えりちょんから『君をのせて(ラピュタね)』を

教えてもらった。ピアノって楽しいね♪

なんか課題曲みつけて練習でもしてみたい気分。モテそうだし。

732167.jpg

ピンスポット・プロジェクター等のあるブースから見た舞台上。

ちょい右の方で手を振ってる奇妙な生命体は佐久間祐人。キモス。

周りの人間の投げかける視線の冷ややかさが俺的には面白すぎる。。。

731420.jpg

舞台下手の隅にある装置のオブジェ。

これに気づいてるお客さんはいらっしゃるのかな??

こういうさり気ない美術家さんのこだわりにプロっぽさを見出して、

勝手に感動してたりします。

今回も最高のセットありがとうございます!!Mr.J!!!

732170.jpg

舞台裏の小道具置き場。

ここには写ってませんが、“例の生モノ”も出番直前になると鎮座してます。

今日はエライ事になってましたが・・・。

(※昨日・今日はDVD用のカメラが入ってましたので、ひょっとしたら観れるかも☆)

 

さてと。

明日は最後の2ステージの日。

 

ガッツンガッツンやったりますぜ!!! 

| 映画・演劇・舞台 | 02:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。