LOG IN

加藤靖久 PISS! PISS!! PISS!!!

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お待たせいたしました!!そして・・・

8月公演『DECADANCE』の客演陣が発表されましたっ。

告知遅くなって申し訳ないです。。。


西田大輔
田中良子
大森裕子
村田雅和
加藤靖久
八巻正明
村田洋二郎
中川えりか
岩崎大輔
一内侑
永島真之介

Guest
山崎雄介
榊陽介
柊瑠美(Wキャスト)
杉林沙織(Wキャスト)


西田大輔
田中良子
村田雅和
佐久間祐人
加藤靖久
村田洋二郎
中川えりか
安藤繭子
伊藤寛司
一内侑
宮本京佳
村瀬啓佑

Guest
児島功一
南口奈々絵
塚本拓弥
建みさと
杉山健一


西田大輔
田中良子
村田雅和
佐久間祐人
加藤靖久
村田洋二郎
中川えりか
岩崎大輔
大畑真彦

Guest
上原歩
and other member

アンサンブル
竹内諒太
平野雅史
渡部和博

 

今回初参戦の客演さんは5人。

皆さん、これまで様々な現場で仕事されてきた方々です。


まだちゃんと話出来てないですけども、

早く仲良くなりてぇな。

今は毎日作品ごとに別れての稽古で進めているので

まだ全員が一同に介してという場がないんです。

盛大に決起会をね、ドカーンとブチかましたら一発なんだけどなぁ。。。


アンドレメンバー21名。

ゲストさん10名。

ダンサーさん40名。

そしてイケメン(殺陣メンバー)がプラスされ、

今回もナカナカの大所帯になりました。

本番まであと26日。

さぁ、いきまっせ~!!!!!



【この国には200年に一度、魔女が生まれる。

 破壊の言葉を持ったその魔女を生かしておけば国は滅ぶ】


忌まわしき魔女伝説が語り継がれる、とある王国。

時代と共に現れる魔女と呼ばれた少女を中心に、

数百年にわたる革命を描いた一大叙事詩。


DECADANCE Ⅰ~光と影~≫

後に最後の王と呼ばれる事になる時代。

魔女伝説の言い伝え通り、この国の影を背負う

光の御子が生れ落ちた。200年に一度と言う事も、

王家に生まれるという事も全て言い伝え通りに。

ただ一つ違うのは、その光の御子が双子であったという事。

破壊の言葉を背負う2人の魔女と最後の王の物語。


DECADANCE Ⅱ~太陽の子~≫

「牢屋には、見た事もない化け物が住んでいる・・・」

その言葉を鵜呑みにした5人の少年。城の地下深くを

冒険心と共に歩き、彼らは扉を開ける。

彼らの目に映るのは一筋の光と破壊の言葉。

そして勇敢な少年達は大人になる。

ある者は王に、ある者は記者に、道化師に、

革命軍の旗手に、そして世を捨てた学者に。

大人になった少年達と小さき魔女の冒険譚。


DECADANCE Ⅲ~ハイノミドリ~

2人の男と一人の少女。永遠に続くと思われた時間は、

非情な運命によって引き裂かれた。

これは伝説の始まりなのか、終わりを示すのか・・?

彼女はなぜ、【魔女】と呼ばれたのか。

そして彼はなぜ、全てを見届ける事を選んだのか。

「それをしたら、また僕は逢える?  今までみたいに、一緒に・・・」

 

既にチケットをご予約(劇団から)して下さった皆さんへは

本チラシ&チケットの発送準備を進めています。

今しばらくお待ち下さい!


今回のチラシもかなりカッチョ良い仕上がりになっていますよ~♪

ご期待下さいね☆☆☆


そして、PISSチケ!も絶好調受付中です!!!

まだご予約を済まされていないというそこのアナタ!

そろそろ完売の回も出てきそうだとのコトですんでお早めにっ!!!


PISSチケ! ファンドレ会員受付  /  一般受付


新作の『Ⅲ』がまたイイんだよね。


誰かも何かに書いてたけど、

新作が生まれる稽古ってのは、

その現場に立ち会えるってのは、

うん。テンションあがりますぜ、そりゃ。

「そう繋がるのか・・・西田、やりよりわっ!!!」の連続だからね。

それを受けて、

当然『Ⅰ』も『Ⅱ』もグングン深みを増していってる状態です。


どこから観ても楽しめるし、

どの作品だけ観ても満足頂ける作りにはなってるよ、モチロン。


でもね!!

やっぱ『Ⅰ』⇒『Ⅱ』⇒『Ⅲ』で観て欲しい。


現時点ではお伝えできないモロモロがあるんだけどね、

このモロモロを理解して貰った日にゃぁ・・・

大変なコトになりますぜ!!

 


くあぁ、早く観てもらいてぇ!!

マジで!!!

 


 告知です。

今週金曜日の14日。


昨年の春、桜が満開の季節に撮影をしていた

古澤健監督作品『先生、夢まちがえた』が

渋谷ユーロスペースで上映されます。


詳しくはコチラ


当日は監督と共に舞台挨拶もあります。

作品は40分の短編映画で、

俺は学習塾の講師・健一役で主演しています。

全編、@@@姿です。

ラストには@に@@て、@@じゃいます。笑


お時間ありましたら、

是非とも劇場に足をお運び下さい。

このブログには書いてませんでしたけど、

次の舞台に向けてキッチリ動ける身体を作ったろうと

もはや3周ぐらい遅れてビリーに入隊したりしちゃった、

健康的な加藤に会えると思いますんで。夏だし。笑


image0170001.gif

こんなんじゃないから安心してね。

スポンサーサイト

| 日記・独り言 | 04:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現代の魔女。

俺ね、二岡は悪くないと思うんだよね。

彼は犠牲者でしょ。


さすがにコレは笑ったケドも。
http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/080711/bbl0807111009002-n1.htm


いくら巨人軍の選手会長といえど、

相手が魔女じゃ勝ち目はナイわなぁ。


くわばらくわばら。。。
majo.jpg

魔女が主役の『DECADANCE』、

4週間後の今日が本番です☆


ウチの魔女はねぇ・・・。

うん。まだ言えない。笑

| 日記・独り言 | 05:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんなの好き。

8月公演『DECADANCE』の宣伝をしに、

久しぶりに日芸の所沢校舎へ行ってきました。


やっぱイイね☆

なんだかとってもフレッシュ&ノスタルジック。

若干ビクつきながら何人かに声をかけてみたんですけど、

今年の1年生なんか13コ下だからね。


「・・・俺、辰年なの。」

「・・・え?普通に4年生かと思った!!」


ありがとう。

オジサンは普通に嬉しいよ。

そして君は普通にタメ口なんだね。


まぁまぁ、言ってもAND ENDLESSが生まれた場所ですし

校舎のところどころに思い出が転がりまくってるワケですよ。


夏場は裸になって酒を飲んでいた中庭だったり(変わってない)、

から揚げカレーが唯一ひたすら旨かった学食だったり、

応援団の稽古で気合い入れすぎてガラス割っちゃった図書館前だったり。。。


ひとつひとつのエピソードが

メチャクチャ面白いし、

メチャクヤくだらないし、

とにかく最高に馬鹿だった。


例えば―。


2年生になって演技コース必修の【メイク実習】なる授業があってね。

当然、何も持っているわけはないので

全員が教材としてメイク道具一式を買わされるのですよ。

理由はハッキリと覚えていないんだけども

そのメイク道具費を俺は何故か払ってなくて。

40~50人いる演技コースの中で未納が俺だけになって。

そうなってくると“いつまで逃げられるか”が逆に楽しくなってきたリもしてね。

先生からの取り立てものらりくらりとかわし続けてたのよ。


7月に入ったぐらいかなぁ。

普段はAクラス・Bクラスと2班に別れて実技を受けるんだけど

初めて【舞台総合実習】っていう、

一本の舞台をみんなで創りましょうっていう授業がスタートして

全員が揃って稽古をしていたんですわ。

ブラックボックスっていう大きめな実習室で。


そしたらね。

入学してすぐのガイダンスの時に見かけたぐらいで

全く喋った事もないエラめの大先生みたいな人が

ここぞとばかりに乗り込んできたんですよ、ブラボに!!


そんで一言。

「加藤ってのは、どいつだぁ~!!!」

さすがは演劇科の先生ですよ。

その声がまた良く通ること。通ること。

ワイワイやってた稽古場が一瞬で『・・・シィーン・・・』ですよ。


生徒のリアクションは4パターンね。

①「いよいよ来たぜ、この時が!!」のニヤニヤチーム(一番仲のイイ連中)

②「こ、これどうなるのよ・・・??」のドキドキチーム(主に女子)

③「ほ~ら、言わんこっちゃない」の溜息チーム(あんま仲良くない連中)

④「先生!そんな事より稽古進めて下さい」の真面目チーム(接点ナシ。嫌い!)


ま、大輔とか裕子なんかは①の筆頭格ですよ。


大きな実習室って言いましても所詮は稽古場。

逃げ場なんざぁ一切御座いません。


で、加藤靖久19歳が取った行動。

 

【グランドピアノの下に隠れる】

 

①は大爆笑。

②は固唾をゴクリ。

③は「ハッ、馬鹿丸出し」と鼻で笑い、

④は台本を熟読。


さらに響き渡る大先生の怒号。

「加藤~!!さっさと出て来い!!!

 今日来てるってのは聞いてるんだよ!!!!!」

稽古場をグルグルまわりながら叫び続けてる。


さすがにちょっと洒落にならない空気になってきた。

グランドピアノの下で(さて、どうしたもんか。。。)と考える俺。


すると。

「おい。お前馬鹿なのか?」

ピアノのすぐ目の前に大先生が仁王立ち。

直接姿は見えなくとも、

怒りで身体がプルプルしてるのがハッキリ分かる。

ちっ、④の誰かがチクリやがった。

こーゆーのは引っ張れば引っ張るほど面白いんだよ!

空気の読めないウンコちゃんどもがっ!!!



で、加藤靖久19歳がとった行動その2。

 

「・・・あ、昨日徹夜だったんで寝てました。」



サザエ&カツオのスタイルで教授室に連行され

その場で6,660円を払わされました。てへ。

(この金額だけはキレイに覚えてます。笑)

 

そんな話が日常茶飯事だった所沢校舎。

新しい校舎が増えたり、

学食が全面禁煙になったり、と

モロモロの変化はあったんだけど

なぁんかパワーに満ちまくった空気は健在でした。

あと恋のニオイね。


もし戻れるものなら、あの頃かな。

やっぱ若いって素晴らしいじゃんか♪

 

どうかな?

なんとなく空気伝わりましたかね??


最後に分かりやすい写真を。


学食の下に購買部(今はコンビニ)があるんだけど

電子レンジの横にこんなのが貼ってある学校です。
080707_1301~01

| 日記・独り言 | 01:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。