LOG IN

加藤靖久 PISS! PISS!! PISS!!!

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

≫ EDIT

さぁ、祭じゃい!!

ゲネ終了。
劇場退館。
中央線内。


疲れたよ。
本気で疲れた。。。

だけど、手応えハンパねぇぞ!!

気掛かりは、
オンリー喉の耐久力。

あとは
全部問題ねぇぜ!!


うっし。
メシ喰って
フロ入って
台本チェックして
スパッと寝る!!!


お待たせ致しました。

もうひとつ寝たら
開幕です☆


おかげさまで
明日は立見確定の超満員です。


ガッツリ。
マジでガッツリ行きますんで、皆さんテンション上げてトラムにお運び下さい!!


いよいよです。

いよいよいよいよです!!


早く明日になぁれ!!!!!

| モブログ | 23:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寝れない理由

トラムのスタジオでの稽古は今日がラスト。

嗚呼、終わってしまった。

 

舞台監督の了さんから、

劇場でのタイムスケジュールが全員に配られる。

ご存知の通り、

今回は30・31の2日間、4ステージ。

 

きっと明日トラムに入ったら、

我に帰った瞬間に千秋楽が閉幕しているのだろう。

嗚呼、終わってしまう。

 

かけがえのない時間。

かけがえのない空気。

かけがえのない舞台。

 

そんな感覚を味わえるのかな?

そんな感覚を認識できるかな?

 

明日は朝から劇場仕込み。

もう寝なきゃ。

でも何か寝れない。

俺はトラムに遠足に行くつもりなのか!?

 

時間がもったいないのかも知れないな。

まだ幕も開いちゃいないのに

終わるのを嫌がってるのかもしれないな。

 

だから、

明日後悔しそうだけど、

もうちょっとだけ起きてよう。

 

初日まであと2日。

全てが終わるまであと4日。

 

さてさて。

終わりに向けての

はじまりはじまり。

| 日記・独り言 | 03:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

涙を流し、膿を出し。

帰宅。
シャワー。
さっぱり♪

バンテリンを身体中の至る所に塗りたくり、首にタオルを巻き、さらに家の中なのにマフラーなんかしちゃって、やっと一息つく。

午後一でバンドさんが合流し、頭から順に生演奏のシーンやっていった。

今日は藤さんにやられた。川崎のスタジオで初合わせの時もかなりヤバかったんだけど、今日は完全にアウトだった。

止まらんかった。
どうやらツボのど真ん中みたいだ。

唄が終わりこっそりグスグスしてたら召田実子に見つかった。(みんなは、いつの間にか“じっちゃん”と呼ぶようになったが、俺はそのタイミングすら逃し、ひとり“めすこ”と呼ぶようになった。おそらく賛同は得られないだろう)この可愛らしい奴め!みたいな顔された。9個も下の女の子に。くそぅ。

夕方からエキストラさん達が集合し、ド頭から通してやっていく。

たっぷり出た。何が不足しているのか、何が不安定なのか、モロモロ自覚出来た。

普段のアンドレでもそうだけど、この確認作業は本当にありがたい。これが疎かになっていると状況を客観視できず向上しえないからだ。

本番まであと5日。
頭も身体もビリビリしてきたが、まだ初日まで時間は残っている。あと5日も残っている。

羽衣のみんな。
客演のみなさん。
スタッフのみなさん。
心をひとつに、
より高みを目指して。

本番を心待ちにして下さっている大切な大切なお客様。

心のどこかに
何かが響きますように。

そして何より、AND ENDLESSのメンバー。

見届けて下さい。



本番まで、あと5日―。

| モブログ | 01:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完売情報!!

30日の昼・夜

両ステージとも

指定席が完売になったそうです!!

ありがとうございます☆


桟敷席は若干数

残っているようです。

さぁ、本番まであと6日。


ご予約迷われてる方は
どうかお早めにっ!!!


明日からは

稽古場にバンドさんが
合流するんだぜっ!!


うっひょ~♪

テンション上がって来たっ☆☆☆

| モブログ | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

髪切った。

すんげぇ切った。

去年の11月以来で切った。

 

深井&糸井から

リクエストをもらっていたので

なるべくその通りになるように切った。

 

普段アンドレでもお世話になっている

日芸時代の同級生である

村田さやか女史の美容室に行って切った。

 

「今回はねぇ・・・」

なんつってイメージを伝え、

二人でああだこうだ言いながら切った。

 

村田女史は学生時代から

常にオシャレさんで、

ヘアスタイルもころっころ変わってた。

当時から目立っていた女の子だった。

 

表現者の血が騒ぐのか、

俺が奇妙な髪型をリクエストすると

彼女はパ~ッと表情が明るくなり

メッチャ楽しそうに髪の毛を切ってくれる。

 

奇妙度が高ければ高いほど、

比例してより楽しそうになる。

西郷隆盛のモヒカンも

牛魔王の巨大アフロも

ワイズナーの金髪も

白虎の派手メッシュも

全て彼女の手によるものだ。

 

そして今回。

俺の告げたリクエストは

彼女の顔をキラッキラに明るくした。

何だか俺まで嬉しくなった。

 

羽衣の面白さや

今の俺のウキウキを伝えると

彼女はかなり喰いつき、

「何とかして観に行きたい!」

と言ってくれた。

またまた俺は嬉しくなった。

 

そして、完成。

俺も彼女も大満足の仕上がりだった。

 

その足で稽古場に向かった。

みんなのリアクションが怖かったので

久しぶりにサングラスなんぞをかけて向かった。

 

「・・・おはようございまぁす」

緊張の一間(ひとま)。

「おぉう、切ったねぇ~!!」

ざわわざわわと歓声があがった。

「サングラス取ってみて下さい~」

鯉和さんに外される。

「おぉう!イイじゃなぁ~い!!」

ウキャキャウキャキャと歓声があがった。

 

良かった。

コレで大丈夫みたいだ。

ありがとう、村田さやか女史。

ヘア・メイクや衣装で

分かりやすくパワーアップする

汚いタイプの役者である俺は

コレで今回も頑張れそうだよ☆☆☆

ありがとうありがとう。

 

稽古着に着替え

ウォーミングアップを始めていると

深井順子が登場。

そして第一声。

 

切りすぎたんじゃないの?

 

なんでやねん。

アンタの言うとおり切ってるやんけ。

確かにちょっぴりアレンジ加えたけども。

 

もっと良く見ろと言わんばかりに

深井の前でクルクル回った。

あたしゃ華麗なバレリーナ。

そしてさらに一言。

 

そういう事じゃないんだよね

 

なんでやねん。

ムチャムチャ切ってきたやんけ。

羽衣の世界を生きる為の

俺なりの意思表明であり、誠意やんけ。

しかも、ちょっとキレ気味やんけ。

 

「糸井君がOKしたらイイですぅ」

その言葉を残し、

デビル深井は更衣室へ消えていった。

 

心の中で

やんけやんけ言い過ぎた俺は

刹那さと憤りと少しばかりの後悔を、

そして村田女史に対する

すんげぇ申し訳なさを胸に抱き

糸井の到着を待った。

 

壁に手をつき、

アキレス腱を伸ばしたりしつつ

唄を諳んじたりするも

全然身が入らなかった。

フワッフワな俺は

フワッフワとアップを続けた。

 

暫しの時間が流れ

糸井幸之介がやって来た。

スタッフさんと挨拶を交わしつつ

演出席に腰を下ろした彼の前に

俺は無言で立った。

まんま保健体育の教科書に掲載できるくらい

美しく一点の曇りも無い

【気をつけ】

の姿勢で真っ直ぐ立った。

 

ひょほほ~

 

彼は奇妙な声を上げながら

独特の表情で笑った。

 

・・・・・・よし、演出のOKもらった!!

 

俺は小さくガッツポーズをし、

ガツガツとアップを続けたのだった―。

 


 

つうか稽古の事全く書いてねぇwww

ア~ンド写真全然撮ってねぇwwwww

 

うし。

今日いっぱい撮ってアップしたろ。

待ってて下さいませ♪

 

そうそう。

そんな感じで今回の髪型、

期待しといて下さいね。

 

ジャッジメントを下すのは、貴方だ。

(なんだコレ?www)

 

それじゃ、眼医者行ってから

稽古場に向かいますぅ~。

 

本番まであと7日!!

ルルルララ~♪♪

| 日記・独り言 | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奇跡みたいな夜

おととい18日から

シアタートラムの稽古場に

ガッツリ腰を据えて

いよいよ本番までの

ラストスパートが始まりました!!

 

なので。

大道具が搬入されたり、

続々と本番用の小道具が揃ってきたりして

ジワジワとカウントダウンを

実感するようになってきたよ☆☆

 

そうそう!

今回の舞台セットで使う

段ボールのペンキ塗りなんかも

お手伝いさせてもらったんです♪

 

普段アンドレの時なんかは

全部舞台部さんにお任せしてしまっているので

これはマジで楽しかった。

俺、高校の演劇部時代はさ

装置担当だったから

もうその頃のフレイバーが

ググ~ンと甦ってきたりしちゃってヤバかった。

終わってハケとかローラーなんかを

洗い場でゴシゴシしててさ、

洗えども洗えども全然綺麗になんねぇ感じとか

最初はお湯だったくせに突然冷水になっちゃう感じとか

「そうそう!こうだったこうだった!!」

みたいなねwww

 

何かね。

羽衣に参加させてもらって

ま、深井・糸井の両名が

稽古場にいるってのが一番大きな要因だと思うんだけど

【芝居を創る】

ってコトの面白さとか

【なんで表現をやってるんだろう?】

っていう根本に流れているモノとか

そういった、

なんつ~のかしら?

俺がもう18年前とかに

初めて演劇と向き合った時に抱いた

初期衝動みたいなのをさ、

ビッシビシ呼び起こしてくれるモロモロが

たっっっっっくさん稽古場に転がっているんです。

 

だから今、

羽衣の現場に毎日通っていて

面白くてしょうがないの。

だって刺激に満ち溢れてるんだもん。

 

まだ本番を迎えたワケじゃないし

つうか通し稽古すら始まってねぇけどさ、

今回声をかけてくれた二人には

素直に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとな。

 

きっちり先輩らしいとこ見せてやるから

見といてくれよ。

 

さ、またハードル上がったぞwwwwww

 

 

昨日の稽古が終わって、

三茶から深井・藤さんと一緒に

チャリチャリと帰ってたんです。

 

んで。

環七に入ったとこで

最後は藤さんと二人になったのね。

そしたらいきなり

「先輩、ビール飲んでく?」

ってお誘いを受けたんです。

(あ、“先輩”ってのはさ

 深井・糸井が俺をそう呼ぶもんだから

 自然とそれが俺の呼び名になってるんですよ。

 年上のスタッフさんも、今回始めてご一緒する俳優さんも

 み~んな“先輩”って呼ぶの。恐縮っす)

 

突然すぎたので

瞬間はかなり動揺したんだけど、

断る理由は無いし

『これはハンパない展開だ!』

って俺のオモシロ察知アンテナが

敏感に反応しまくったので

厚かましくもお言葉に甘えるコトにしました。

 

藤さんはね、

ムチャムチャに格好良い俳優なんだ。

ムチャムチャに魅力的な男なんだ。

だから俺は

ムチャムチャに藤さんが好きなんだ。

 

俺にとっての憧れであり、

俺にとってのオンリーワンであり、

いつか見てろよコノヤロー!!は

児島功一なんだけども、

藤さんはちょっと違うんだよな。

 

うんとね、

上手く言葉にはしにくいんだけど

艶っぽくて、男っぽくて

なによりとにかくチャーミングで、

どの現場でも自然と愛され

藤さんのまわりに輪が出来る。

俳優としての技量は勿論のこと、

その何倍も何十倍も

人間としての力の大きさを強く感じる。

そこに誰もが惹きつけられる。

もうズルイくらい

一挙手一投足が素敵な男なんだ。

 

あ、児島さんと同じじゃんかwww

だから大好きなのか。

 

昨日の稽古場でも

藤さんのシーンを

演出席の真下に陣取って見ちゃったんだけど

凄ぇや、あの人。

何か知らんが格好良いんだわ。

悔しさも覚えたもん。

見てろよ、藤一平!!!

あ、やっぱ同じかwwwww

 

 

そんなこんなで

お邪魔してしまいました。

美味しいビールだけでなく、

奥様・眞弓さんの手料理まで頂いてしまい

それもかなりガッツリとご馳走になり、

超至福な時間でした。

もう何だか幸せすぎて

こんな奇跡みたいな夜を逃すまいと

インタビュアーみたいになってしまった俺は

色んなお話を伺いました。

お二人の出会いの話、

高円寺で暮らしていた頃の話、

自然な流れで芝居や表現の話。

 

最高に楽しい時間だった。

あんな風にキラキラと歳を重ねられたら

どんなに素敵なんだろうと

お二人を見て心から思った。

 

本当にありがとうございました。

こんな俺ですが、

これからもご指導宜しくお願いします。

 

多分またすぐに伺いますんで!!!

宜しくお願いしま~す☆

 


 

・・・・・・あのですね。

【ドイツ編】なんですが

本番終わってからでもイイですかねぇ??

 

何か気持ち的に

それどころじゃないんですよね。

 

【ドイツ編】書く時間あったら

もっと稽古の様子とか書きたいんじゃい!!

ってのが本音なんですぅ~(涙目)

 

やっぱアレかな?

本番終わったら

何かもう飽きちゃって

結局書かなくなるパターンなのかしら?

 

ご意見求ム。

| 日記・独り言 | 08:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川崎にて熱唱☆

昨日ね、

『あのひとたちのリサイタル』の

生バンドの皆さんと

初めての合わせに顔出してきたんですっ。

 

3ピースの構成なんだけども

前に書いた通り、

ベースは糸井幸之介氏の親父殿なんですよ。

(糸井邦幸氏。普段はGSのバンドやってらっしゃるそうです。

 7年前、『劇団劇団』の解散公演以来の再会でした。

 ルックスがね・・・・・・幸之介氏に激似すぎるんだわwwwww)

【息子の書いた詞・曲を親父殿が演奏する】

これだけでも

もうなんかドラマティックで素敵じゃん?

更にだよ!!

 

ギターのMARUGAN氏と

ドラムスの岩瀬優童氏は

これまた

 実 の 親 子 

だったりするんです!!!

凄くね・・・!?

 

なんだこれ?

家族対抗歌合戦なのか??

 

そんな御三方なのですが

皆さんやはりレベルが高く、

もうドキドキしっぱなしでしたよ、俺は。

やっぱり生バンドの音は最高ですわ。

 

羽衣からは

深井氏・日高氏・藤氏が同行。

台本の頭から順に

鳴らして、

唄って、

直して、

唄って、

を3時間タップリと。

声嗄れそうにそうになったけど

それでも唄う。

だって素敵なんだもん。

 

唄いながら

本番での感じをイメージして

ますますテンションが上がった。

 

もう全曲期待して欲しいんだけど、

とにかく1曲目だな。

う~早く本番でやりてぇ!!!

う~皆さんにガッツリ唄いてぇ!!!!!

 

あ。

30日の夜公演の指定席が

残りわずかになっているそうです。

 

あとね。

おととい稽古場がエライ熱気に包まれましてね。

それを受けて感じたのが

 

「この舞台、

  ひょっとしたら桟敷席の方が楽しめるんじゃないの??」

 

なんです。

舞台全体を俯瞰して

観ることは不可能かも知れないけれど、

その距離の近さから、

圧倒的なグルーヴを身体全体で

ビリビリ体感できるんじゃないかと。

本気でオススメです。

普段、あまり桟敷席とかで

芝居を観てないって方は特にね!!!

 

しかも、

桟敷席には

羽衣からの特典が付いてくるんですけど、

これが豪華すぎるっ♪

詳しくは書いちゃいけないのかな?

観劇したお客様には

絶対に喜んで頂けるあろう一品

ですぜ☆☆☆

 

最後に。

羽衣HPの『羽衣関係者BLOG』のコーナーで

キャストのみんなが稽古の様子なんかを

それぞれアップしてるんで

そちらも是非チェックしてみて下さい!!

 

各々の文体にも

キャラクターが前面に出ているので

今回の世界観を知ってもらうには

とても良いと思いますよん☆

 

それじゃ、そろそろ準備して

稽古場に向かいます。

 

今日は長谷川さんによる

DANCEの稽古がメイン。

 

うっしゃ、踊るでぇ~!!!!!

 

 

 

 

あ。

【ドイツ編】は今晩あたりに~。

| 日記・独り言 | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一気にいくぜっ☆ヨーロッパ写真!!

寒い日が続いてますねぇ。

 

何が一番寒いって、

キーボードを打つ手が冷え冷えス。

 

帰国してしばらくは

全っっっ然、寒さは平気だったんだけど

もう完全に日本モードに戻っちゃいました。。。

 

5日に帰ってきて以来、

羽衣の稽古の毎日です。

ヨーロッパ記事のコメントも返さずごめんなさい。

ただただ稽古の毎日です。

 

まだ全部通してやれる段階ではないんだけど、

確実に面白いモノが増えていっている実感があります。

 

本番まであと2週間ちょい。

一日一日の稽古の時間をより濃密に過ごして

更に進化させて行こうと思っています。

 

でもね。

早く皆さんに観てもらいたい。

早く皆さんにブチかましたい!!

ってのが正直な想いです。

 

ウズウズ。

ウズウズ。

ウズウズ。

 

もうちょいだけ待ってて下さいね♪

 

 

でだ!!!

 

ヨーロッパで撮りまくってきた写真を

一気に公開します。

もちろん一部だけですけどね。

 

携帯の人はちょっと大変かもです。

ごめんちゃい。。。

 

俺も海外用の携帯で

バッシャバシャ撮ってたんだけど、

ウチの親父殿なんかは

お袋からのリクエストもあったようで

俺の遥かに上を行く撮りまくりっぷりでさ。

 

その数、実に

 8 1 3 

 

ムービーなんかも撮ってたせいもあり、

4GBのメモリースティックを使い切ったらしいよwww

 んで、予備で持っていってた

1GBのヤツもパンパンにしたっていうね。

 

普段は全く写真なんか撮らない人なんだけど、

撮ってるうちに楽しくなってきちゃったらしい。

ん~可愛いヤツめwww

 

みんなで街を歩いてる時なんかも

気付いたらフラフラといなくなって

色んなモノをカメラに収めていたよ親父殿。

 

もともと好奇心旺盛なタイプなんだろーね。

その辺はキッチリ息子に受け継がれておりますよ☆☆

 

 

んじゃ行きます。

何となく時系列に沿ってます。

 

写真は、

クリックすれば大きく見れますんで

ポチポチしてみて下さいね♪

ちょっと画質が悪いのが

俺が携帯で撮ったモノなんでwww

 

 

あ、これ重要!!!

俺が向こうから

携帯でアップしたモロモロの記事と

平行して読んでもらえたら

より楽しんで頂けるので是非とも!!!

 

 

はじまりはじまり。

 

SN3E00320001.jpg 

12月26日夕方。

スキポール空港に着いて

まず目に飛び込んできたのがチューリップの球根売り場。

「おぉ、オランダ来たんだ~☆」

を実感。

 

SN3E00370001.jpg 

SN3E00400001.jpg

SN3E00410001.jpg

なんかオッサレな店が多くてウキウキ。

バーガーキングなんて日本にもあんのになwww

 

SN3E00430001.jpg 

H&Mに関しては

本当に色んなトコで見た。多かった。

リアルに30店舗ぐらい見かけたんじゃないかしら。

 

SN3E00380001.jpg 

公衆電話。

デザインがイカす。

 

SN3E00420001.jpg 

これに乗ってきた。

あ、空港の中にあったオブジェっす。

 

SN3E00440001.jpg 

なんかの出入り口ww

このモチーフも色んなトコで見た。

 

SN3E01520001.jpg 

空港の男子トイレ小用。

分かるかな?

ハエのイラストが描いてあるの。

ま、『ココを狙って放て!!』ってコトですな。

日本のトイレだと

『もう一歩前へ!』

なんて貼紙があったりするんだけどさ。

こんなんセンス良いよな。

 

SN3E00470001.jpg 

アムスに向かう地下鉄。

初の地下鉄にテンション上がってランニングぱしゃり。

見事なブレっぷりwwwww

この中で【バダ・ハリのいとこ】に遭遇したんだな。

 

DSC06089.jpg 

アムスで泊まったホテル。

 

SN3E00520001.jpg 

SN3E00530001.jpg 

中も雰囲気あって綺麗だった。

 

SN3E00540001.jpg 

広場にあった第二次大戦の慰霊碑。

夜の街にズドドンと聳え立つ。

 

DSC06151.jpg 

SN3E00550001.jpg 

中華料理屋でビール♪

我ながらイイ表情しやがるwww

ここの店先で巨大な黒人さんに

タバコをたかられたんですな。

 

SN3E00680001.jpg 

SN3E00820001.jpg 

翌日はみんなで

風車を見に行った。

 

SN3E00790001.jpg 

近くだとマジでうっさい!!!

 

SN3E00730001.jpg 

SN3E00780001.jpg 

SN3E00830001.jpg 

SN3E00760001.jpg 

SN3E00950001.jpg 

看板・車・建物なんかも

いちいちナイス過ぎる。

 

SN3E00800001.jpg 

無論、エロポスターもパシャリ☆

クラブのフライヤーだね。

 

SN3E00840001.jpg 

その夜はイタリヤ料理屋でこんなん飲みつつ・・・

 

SN3E00850001.jpg 

昨日は白だったから

この日は部屋でしっかり赤を飲む♪

 

SN3E00870001.jpg 

部屋から見た朝日。

美しい~☆☆☆

 

SN3E00660001.jpg 

カフェで朝食を済ませてから

(朝からハンパなきボリューム・・・!!)

みんなでアムス市街を散策。

 

DSC06098.jpg 

DSC06101.jpg 

DSC06165.jpg 

DSC06095.jpg 

DSC06179.jpg 

DSC06190.jpg 

SN3E01000001.jpg 

なぁんか穏やか~な空気。

夜はヤバメな場所もあったんだけど、

クリスマス休暇中ってのもあってか

のほほ~んとした平和な街の印象。

 

SN3E00930001.jpg 

そんな中、

異様な雰囲気を醸しまくっていたのがこのホラーショップ。

まだ開店前だったのよ。無念。。。

 

DSC06172.jpg 

DSC06180.jpg 

下調べNothing男としては、

アムスの水路の多さにはビックリ。

街中どっからでも水上バスに乗れる感じっす。

 

DSC06174.jpg 

DSC06168.jpg 

マーケットでは

お約束の花・球根をはじめ

いろんな小物もズラリと並んでた。

お土産屋なんかもすっげぇあったなぁ。

 

SN3E00990001.jpg 

で。

あるカフェにいた置物みたいなネコ。

みんなでさんざんガラス越しに声をかけて

やっとメンド臭そうに振り向きやがったwww

 

SN3E00880001.jpg 

街中は東京といっしょで基本歩きタバコ禁止。

こんな感じの灰皿がたまぁに設置されてる。

 

DSC06188.jpg 

なんやかんやと迷いつつ、

向かった先は・・・

 

SN3E01010001.jpg 

そう。

ヴァン・ゴッホ美術館♪

 

DSC06197.jpg 

その前で

奔放初公開の親父殿との2ショットwwwww

 

SN3E00690001.jpg 

その夜、

いとこ長女の住むグローニンゲンに電車で移動。

あ、これはアムスの駅の改札口なんだけどさ、

向こうの改札、閉じないんだよ。

なんで、入り放題&出放題。

もちろんちゃんと券売機はあるんだけど、

俺が見る限り、明らかに

 乗客の数>>>>>切符買ってる人の数

なんだよwww

いとこ長女に聞いたら、

「車掌がたまに車内をまわってくるの。

 その時にチケット持ってないととんでもない額を取られるの」

ほほ~ん。

 

俺、今回の旅で

飛行機やタクシー以外で

電車・地下鉄・トラム(路面バスの長っいヤツ)・普通のバス

何度も乗ったけど、

車掌がまわってきたのって、

国境を越える時乗った長距離電車だけだったよwwwww

 

そら、切符買う人少なくなるって。

オランダもドイツも全然同じ状態だったな。

日本じゃ考えられん。

 

普通に電車の中にチャリごと乗り込んでくるし、

普通に犬とか乗ってくるしよwww

 

で笑ったのがさ、

SN3E01270001.jpg 

ま、上のマークは

“タバコ吸っちゃダメ”

じゃんか。それを書くのも凄いけどさww

下のヤツは

“おしゃべりはダ~メ”

図書館か。

これも日本じゃ見ないよねぇ。

 

で、更に・・・

あ~っ!!写真どっかいっちゃった!

撮ったと思ったのになぁ・・・。

 

ま、同じような感じのマークで

【ワインのボトル】

みたいのが描かれてたんだよ。

例によって、

いとこ長女に尋ねてみれば

“窓からボトルを投げちゃダ~メ”

そんな輩がいるのかwwww

 

何かね、

電車内で親切そうなオッサンが話しかけてきて

「これ、飲むかい?」

なんつって目の前で新品のボトルを開けて

笑顔で渡して来るんだと。

んで、その中には睡眠薬みたいなのが入ってて

「お、ありがと☆・・・zzz」

ってなったら財布なんか持って立ち去ると。

んで証拠隠滅の為にボトルを

窓からポ~ンと捨てちゃう。

そんな犯罪があったりもするんだってさ。

 

だからさ、

もっと頻繁にまわりなさい鉄道職員よ!!!

 

気付けば、

かなり話が脱線してしまいましたが

(電車の話題だけにね。てへっ☆)

本筋に戻しますわ。

 

SN3E01040001.jpg 

到着♪

アムスよか数倍平和な街らしい。

長女曰く、

「ヘタしたら日本より安全かも」

 

DSC06211.jpg 

この日は長女の部屋で

手作り晩御飯。

久々の白米でホクホク。

長女の王立音楽院(!)の友人で、

ベースプレイヤーのパン君なんかも来て

やんややんやと盛り上がる。

 

SN3E01070001.jpg 

練習用の【電気パイプオルガン】

日本から空輸したらしい。スゲッ!!

 

SN3E01100001.jpg 

おばちゃん・いとこ長女・次女・三女

は、そのまま長女宅に残り、

俺・親父殿・おじちゃんの3名はホテルへ。

エライ小洒落た感じで、

フロにジャグジーなんかついてて極楽だった。

写真はエレベーターに貼ってあったポスター。

こんなカラーパターン好みだわ~☆

 

DSC06301.jpg 

ロビーには本物の暖炉まであったよん。

 

DSC06215.jpg 

で、寝ちゃった親父殿を置いて

目の前のココに向かったと。

んで泣かされたと。。。

 

SN3E01080001.jpg 

俺ね、

普段の不規則な生活のおかげなのか

時差ボケらしきものは一切なかったんだよ。

でも、全く予期せぬ難敵が出現したんですわ。

忌むべき彼奴の名は・・・

 

 便 秘

 

俺だけかと思ってたら、

みんな同じ敵に苦戦してたみたい。

ミスター新陳代謝の俺としては

今までそんなんで悩んだ事ないからさ。

んでお世話になったのが

写真のコイツでございます。

ガブ飲みしてたら

2日頃から調子を取り戻してきたよ。

VIVA!乳酸菌♪

 

あ、そうそう。

あれはアムスのホテルかなぁ?

夜中、おじちゃんとワイン飲みながら

寝っころがってTV観てたんだよ。

(ち、違うよ!エロなんかじゃないってばっ!!)

そしたらね、

「おいっちに!おいっちに!!」

ってトイレから親父殿の掛け声が聞こえてきたんだよwwwww

(な、何をなさっているというのだ!?)

俺は軽くパニックに陥ったよ。

想像してみ?

深夜のトイレからの

「おいっちに!おいっちに!!」をwwwwwwwwww

・・・これはなかなかの戦慄ですぜ?

「へ?何してたの??」

出てきた親父殿に恐る恐る声をかけた。

「ん?あんまりにも出ねぇから、上半身をひねってた」

いやいやいやいやいやいや。

気持ちは分からんでもないが、

それって掛け声必要なん??

 

DSC06220.jpg 

この日は、

みんなでグローニンゲンを散策。

この辺もやっぱ水路があった。

 

DSC06236.jpg 

ほんで案内されたのが、

件の【マルティーニ教会】で御座います。

くあぁ!写真じゃ“ただものじゃないオーラ”が

やっぱイマイチ伝わんねぇな!!!涙涙涙

 

DSC06252.jpg 

詳細は、こないだ書いた通りなんで割愛するけど

中に入ったら・・・・・・

 

DSC06244.jpg 

SN3E01160001.jpg 

SN3E01170001.jpg 

やっぱ空気のピーンとした感じが尋常じゃない。

14世紀からのソレが

そのままパッケージングされてるみたい。

 

そんでもって・・・

 

SN3E01140001.jpg 

出ました!

伝説のパイプオルガン様っ!!!

凄くね!?

コレでひとつの楽器ですからね。

 

そら響く響く。

そら鳴る鳴る。

空気震える震える。

 

したがって。

 

DSC06258.jpg 

テンションも上がる上がる↑↑↑

 

そら魂持ってからますって、

あんな音ブチかまされたら。。。

 

長女オルガン&次女オペラの

ムービー撮ってきたんだけどなぁ。

皆さんにも是非聴いて味わって欲しいんだけどなぁ。。。

 

んでもって。

俺も演奏席(?)演奏室(?)へ。

 

SN3E01180001.jpg 

コレはオルガンを奏でるおじちゃん。

さらっと弾けちゃうのが素敵過ぎる。

 

弾き終わって、長女と

「やっぱりここのオルガンの

 うんたらかんたらの音域(?)は特筆すべきうんたらで~」

みたいな話で盛り上がっていた。

 

その隙を見て

俺の歴史的な

【ネコ~♪】

が炸裂しまくったんですけどもwwwwwww

 

たかが2音??

いやいや。

ハンパない2音だったんだってば!!

マ~ジ~でっ!!!

 

鼻で笑ったそこのアナタ。

ならば問いたい。

 

貴方は、14世紀の空気を震わせた事がありますか―。

と。

(なにが、と。じゃいwww)

 

DSC06274.jpg 

SN3E01190001.jpg 

その夜は、

いとこ長女&次女&俺で

タイカレーを作ってたらふく喰らう。

俺は玉ネギの皮むいて、

炒めたり、鍋をかき混ぜたりしてただけだけど

誰よりもたらふく喰らう。

 

だってメチャメチャ美味だったんだもの☆

普通に金取れるぜ?このカレー。

俺が言うんだから間違いない。

ハッキリ言って、

これの何倍も美味くないカレーを出して

相場よりも高い設定で金取る店なんか

いくつもあるからね!!!

 

SN3E01210001.jpg 

次の日は1日の~んびり。

ショッピングしたり

お茶飲んだり。

写真はエライかっちょ良かった一品。

レディースだけど、

思わず手が伸びそうになったもん。笑

 

DSC06292.jpg 

この日はパン君ともう一人、

チェンバロプレイヤーのイレーレ君もやってきた。

彼は190cmもあるノッポさんなんだけど、

なんかひたすらに細長い。顔もなww

んで彼は日本にとても興味があるらしく、

長女から少しずつ日本語を習っているそうだ。

 

でさ。

彼の夢は北海道に行く事なんだって。

そこまでなら、まだ何となく理解できるじゃない?

なんで北海道と問うならば(問うならば!!)

 

 野 生 の 熊 に 逢 い た い

 

うん。

逢ったらダメだよね。

その時点で【逢う】っていうより

むしろ【遭う】になっちゃうよね。

遭遇したら完全にアウトだよね。

たぶん、君はザックリやられちゃうよね。

たぶん、長身じゃなくなっちゃうんじゃないかな。

 

でもね、

イエーレ君はキラキラした瞳で言うんだよ。

 

 野 生 で な く ち ゃ 、 ダ メ な ん だ

 

SN3E00710001.jpg 

一夜明け、

身支度を整えて

電車にてグローニンゲン⇒ブレーメン

これまた人生初の

“陸路での国境越え”

を経験する事になる。

 

グローニンゲン駅にて。

向こうでは日常茶飯事的に起きるという

【予定通りに電車が出ない】

が発生したようで、

駅員さんがホームをせわしなく駆け回っている。

で、乗客のみんなも

あーでもないこーでもない言いながら

それにあわせて大移動してる。

日本に比べて圧倒的に案内アナウンスの数が少ないし

良くも悪くもノホホンとしすぎてる。

や、これは悪いか。

だってこんなに寒いんだもの。

 

そんな中。

「やっくん、やっくん、アレ見てみ☆」

例に漏れず、

好奇心が服着て歩いてるようなおじちゃんが

目ざとく何かを見つけたようだ。

「へ!?・・・・・ドラキュラじゃん!!」

「な?凄くね??」

(※このおじちゃん、リアルにこの喋り方なんです。大好きです☆)

折りしもこの日は大晦日。

黒いシルクハットに

黒いマントを颯爽とひるがえし、

ギターを背負った

どうみても普通じゃねぇヤツが

遠くの方で列に並んでいた。

 

「あ~、やっぱねこっちのホームからのでイイみたい」

駅員に状況を聞きに走ってくれていた

長女が帰ってきた。

「さっきの話と全然違うじゃない!」

また長女はプンスカしていた。

異国の地で

誰に臆することもなくプンスカして

ちゃんと自分の意思を通しきる力をこの子は持っている。

余談だが、

彼女の通う王立音楽院には

日本人の生徒は彼女だけなのだそうだ。

そんな環境で3年以上。

そらタフにもなるわな。

もともとプライドが高く

そして、自分の理想の為には努力を怠らない子だ。

凄ぇなって、この旅で何回も思わされた。

 

話を戻そう。

んでまた人々の大移動。

乗るべき車両がようやく確定した模様だ。

そしたらさ、

ドラキュラが何故か俺らの方に近寄って来たんだよwwwwww

 

でもって涼しい顔して

俺らの隣に荷物を置いた。

車内はそこまで込んでなかったのにだぜ!!

 

ヤツの目に

この東洋人のグループがどう映ったのか知らんが、

とにかくドラキュラは俺らをロックオンしてきた。

そして、ペラペラと語りかけてきた。

ここでも対応係は長女の役目。

 

曰く。

・これから友人の所に遊びに行く

・プロのミュージシャンではない

・英語・オランダ語・ドイツ語以外にロシア語なんかも喋れる

・日本に興味がある。特に原宿

・大道芸人を生業としている

・名をガブリエル

 

そしてドラキュラは・・・

DSC06316.jpg 

いきなりジャグリングおっぱじめやがったwwwww

それがまた微妙な腕前でさwwwwwww

ま、狭い通路だったからってのもあるんだろうけど。

ヘタすぎてさ。

でもジャパニーズトラディショナル【礼儀】としては

むやみに笑うわけにもいかないし。。。

 

でも何かイイ奴っぽくはあったんだよね。

DSC06315.jpg 

で、記念にパシャリ。

ガブリエル、こんなルックスで27歳だとwww

 

このあと

みんな疲れでウトウトしだしたんだけど、

ガブリエルは長女ロックオンで

ず~っっっっっと話しかけてた。

で、俺にも分かるぐらいベタに

長女を口説きはじめやがったwwwww

「君の瞳はとても綺麗だ」

「このあとコーヒーを飲みに行かないか?」

 

こらこら。

両親が目の前にいるんだっつーのwwwww

 

 

ちなみに国境の手前で別れた長女は、

ガブリエルから

「この後、アーティストのコミュニティに顔を打すんだけど

 君も良かったら一緒に来ないか?」

と誘われ、何と素直に着いて行き(!!)、

本当に色んなアーティストを紹介してもらえて

超ハッピーな出会いを経験したそうだ。

きっと長女なりの嗅覚が働いたんだろうね。

つくづく恐ろしい子だよ、マジでさ!!

 

 

そして、

リアという駅で乗り継ぎ

電車はついに国境を越えるのであった―。

 

 

オランダ編 

 

 

 


 

どっすか!?

 

さすがに長すぎる??笑

 

や、

俺もこんなになるとは思わなかったんだけどさ。

写真見たら色々思い出してきてさ。

 

最初は

ほとんど写真を紹介するだけにしようと

決めていたっつーのにさっ!!!

 

書いてたら乗ってきちゃってさ。。。涙

 

まだこの後に

ドイツ編が5日分あるんだけどね。

もう写真もアップロードして、

ちゃんと準備はしてあるんだけどね。

 

こんなん自己満かしら?

とかさ。

こんなん最後まで皆さん読んでくれんの??

とかさ。

こんなん書いてたら台本読む時間ねぇよ!!!

っていう本音とかさwww

 

実際のところ、

どうなんでしょ??

 

ま、ウチの親父殿は

楽しみにしてるとは思うんだけどなwwwwww

| 日記・独り言 | 15:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅の終わりに番外編

今はミュンヘンから

スキポールへ向かう飛行機の中です。

これから日本に帰ります。



この10日間は

長いようで

あっちゅう間でした。
まさに

夢のような日々。



本当に楽しかった。

本当に色んなモノに触れた。

本当に旨いモン喰った。

本当に多くの刺激を受けた。



これら全部を

日本に持って帰ります。

これら全部を

本業に活かしますから。



毎日ビール飲んで

気持ち良くなっちゃった

ってのと、

携帯からで面倒くさい
ってのと、

オモシロが満載すぎて

更新するヒマがなかった

という理由で、


まだpiss!に書けてないコトが

うっじゃうじゃあるんです。


全部書いていったら

リアルに半年は

もたせられる自信あるもん。



なのでね、

ざさっと印象に残ったオモシロを

箇条書きにしていきます。


時系列は

バラバラですけども。。。


気になるのがあったら教えて下さい☆

詳細をお伝えしましょうwwwww



んじゃ行くね♪


♯ドラキュラ男との遭遇!その実態は大道芸人ガブリエル☆列車の中でジャグリングを始める!!の巻


♯こちらの秒針は12時で明らかに休んでる!の巻


♯風車は間近だとバタバタと音がうるさすぎる!の巻


♯ミュンヘンのスタバでがきんちょカップルが5分ぐらい濃厚なチュウ☆このままおっぱじまるんじゃないかという勢いにウチの親父殿マジでキレる5秒前!!の巻


♯ホテルのランドリーで初めて自販機でコーラ買おうと思ったら見事に1£硬貨がつまりやがった!の巻


♯ヨーロッパNo.1のイケメンとの遭遇☆ヤツのモテまくる所以とは!の巻


♯ドイツの深夜でポルノの広告が流れるのは一局だけなんだけど、先生!この番組モザイクがありません!!の巻


♯MTVでやってたやたらブラックなアニメにオレンジ色の明らかに邪悪そうなビカ〇ュウ発見!の巻


♯オペラは椿姫だったんだけど一曲しか分からなかったぜ☆ルンラ~♪ルンララ、ルンララララララ~~♪ってヤツさ!の巻


♯オケピにはパートによっては結構ヒマしてる奴等がいて(主に金管www)曲中にくっちゃべってるわ、アクビしてるわ、野郎同士で手ェ繋いでるわ、本編よりも気になっちゃうじゃんか!の巻


♯LADY GAGAのヘビロテが異常すぎる!ちょっと好きになっちゃったじゃんかよ!!の巻


#オランダのイケメン兄ちゃんに何故か写真を撮られまくった!そうかそうか、よしよし!!の巻


#こっちのTVで見かけた日本人は二人だけ!一人は浅田真央でもう一人は何故かパッション屋良!の巻


#実は『あけおめ!2010!』をアップした記憶が無いの。そんなに酔ってたのかな?初めての経験で朝からたまげたさ!の巻


#最終的にビールは26種類制覇してやったぞ!!!の巻




どうでしょう?

まだまだあるんだけど、

また小だしにしていきます。


あ、写真もアップしなきゃだよね。


今しばらくお待ちあれ☆


明日の昼頃

成田に帰る予定です。

無事に戻れますように。。。



そして帰ったら・・・・・











芝居じゃい~!!!!!

| モブログ | 21:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネロとパトラッシュが見たモノ

そう。

ルーベンスの絵です。


見てきた。


ちょっと順番は

前後しちゃうんだけど、

オペラに行ったのが

昨日の夜で

ルーベンス見たのが

昨日の昼間。



で、今は夜中の5時過ぎ。

日本に帰って

5日夜の稽古から

バリっと復帰するために

シャワー浴びて

無理やり目ぇ覚まさせた。

さっきまでかなり酔ってたんだけどね。。。

強制時差ボケストッパーじゃいwwwww



話戻すね。


ホテルから

歩いて10分ぐらいの所に

レーンバッハ美術館

ってのがあってね。


まぁこれがまた

例によって

超巨大なのです。


あれ?

これはまだ書いてなかったかな??


ドイツの建物は、とかく

四角くて

いかつくて

固そう


なんです。

伝わるかしら?

もうね威圧感が半端ない。


で、同時に

超合理的な感じも

至るところに見てとれる。


教会もいくつも見てきたけど、

オランダのは

いくらデカくても

その中に

円みとか

温かみとか

奥ゆかしさとかが

プンプンと漂ってて、

総じて控え目な印象なのに対して

ドイツの教会は

もうね語弊を恐れずに言えば

下品と紙一重

なんですよ。


搭に時計とか鐘があってさ

一番上に十字架があって

てのは

どこも共通してるんだけど

ブラウエン教会(なのかな?)

なんかは

メインの時計搭が

高さ100メートル以上あるんだぜ?

レンガっすよ、レンガ!!

どんだけの技術力(=国力)

持ってたんだよっ話じゃん。

VIVA!ゲルマン民族!!

と叫ばずにはいられない。

そんなリアルに

ドラクエに出てきそうな

城やら教会やら博物館やらが

街中にゴロッゴロしとるんです。


でね。


昨日の昼間に

あてもなく皆で散策してたら

チュドド~ンと

デカ四角い建造物が見えてきて

地図みたらそれが

レーンバッハ美術館だったと。

これまた例によって

尋常じゃないオーラが

プンプンだったから

見てこ♪見てこ♪

と近づいてみたら

何となく知ってるタッチの巨大ポスターが。

誰だろ?

ん??

ラベン・・

ルベン・・・

ルーベンスかっ!!

フランダースの犬じゃんかよ!!!


もう瞬間的に

テンション最高潮☆☆

で入場。

午前中だったせいか

そこまで人はいなかった。

はて?

あんま人気ないのかな??

クロークに荷物を預けて館内へ。

【絵はこっちからだよ~♪】

の案内に従って歩いていくと

壁に突き当たり、

左右シンメトリーの階段に出くわした。

どっちから行っても

全く問題なさそうだったから

とりあえず右手へ。

大理石で出来た60段くらいを

上がりきって振り向けば、

対岸の階段まで

優に120メートルはあるの!

こんな景色見たことねぇwwwww

(帰国したら写真upしますね)


絵ぇ見る前に

早くも一鳥肌。。。


で、ようやっと展示スペースへ。

飾られていたのは

15世紀後半から

17世紀中頃までの

宗教画が中心。

なのでルーベンスだけじゃない。


普通の油から勿論テンペラまで

とんでもない点数がありました。


どうしてもクセで

「額がハンパねぇな」とか

「どんぐらい補修してんのかな」とか

「これは一人で描いてねぇな」とか

余計なとこばっか

気にしちゃうんだけど

個性的な作品が多く、
ホクホクとなりました。

やっぱり気になるのは
作品に一匂い

ぶちかましてくるタイプでさ、

例えば

静物画のすげぇ人で

やったら質感の描き分けを

アピールしてる奴とかいてさ。


どの絵にも

金属・ガラス・陶器・皮・動物・布・石・木

のほとんどが画面にあるの。

まぁこれは

とんでもない技術で

見ようによっては

写真よかリアルな質感なんだけどさ

そこまで必死にアピールされると、

この可愛い奴め☆

ってなっちゃうwww


俺的なMVPは

初期の古屋兎丸氏や、ひさうちみちお氏並に

(漫画家です。調べてみて下さい☆)

狂ったみたいに細かやかで

アホみたいな量を書き込んでいた、

うーん読めん!!

【ALBRECHT ALTDORFER】

って人。


中世の騎士団の

闘っている姿を描いているんだけど、

数千、

いやヘタしたら数万の騎士を


全員ちゃんと描いてますwwwwwwwwww


これは常人には不可能だよ。

ネットで探したら見れるのかな?

見て欲しいなぁ。

スゲェとかの前に

まっちがいなく笑うから。


ともかく。

結論としてはですね。

この頃の画家の皆さんは

全員ゴッホ先生よりお上手ですwwwww





そして、ルーベンス。


何なんだろ。。。


“神々しい”


っていう

言葉そのものの意味が
ほんの少しだけ理解できた気がした。

| モブログ | 13:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今から

バイエルン国際歌劇場に

殴り込みじゃい!!!

| モブログ | 03:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラックジャック☆

と言っても

また懲りずにカジノに
行ったお馬鹿さんではないのです。

渡欧7日目にして

飲んだビールが

21種類になりました♪

や、

別にそんなの狙ってたわけじゃないんだけど

気付いたらそんな感じになっててさ

今回の旅の裏テーマになったのwww


そんな話をしてたら

途中から

お酒好きなおじちゃんも

ノってくれてさ、

毎晩マーケットで

4種類のビールの500缶買って

部屋で飲み比べしてます。



やっぱそれぞれ個性があってさ、

一番飲みやすかったのは

グローニンゲンで飲んだ

『バーバリア』

ってヤツなんだけど

こいつは

何かとにかく水が美味いって感じで

でもサラリとし過ぎず
ちゃんと旨味があるの♪

日本でも

どこかで飲めないのかなぁ??


でさ、

一番強烈だったのは

昨日ミュンヘンのパブで飲んだ

『サルバトール』

ってヤツ。

パッと見は

やや黒っぽい褐色で

一口飲んだ瞬間


 !? 


って

特攻の拓で

後ろに武丸が立ってた時みたいな

戦慄が身体を駆け抜けるのよ!!


普通にアルコール度数が

10度くらいあるんじゃないかなぁ?


そんなんが

どど~んとジョッキで出てくるから

一杯でかなりイイ感じになりました。

無論、昼間っからなwwwww


あ、出掛けなきゃみたい。

もっと書きたいことあったのにぃ!!!


続きは後ほど☆☆☆

| モブログ | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワンピースやってた☆

ルフィの声が


もう中学生


に激似wwwwwwwwww

| モブログ | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あけおめ!2010!!

ドイツもようやっと明けました♪

ミュンヘンはエライことになってるよ☆

今はホテルの6階にいるんだけど

外はガンガンに花火が上がってて

全くなりやむ気配がないよ。


際限なくドッカンドッカンいってるわ。

最っっっ高の年明けになりそうです☆☆☆

| モブログ | 08:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月