LOG IN

加藤靖久 PISS! PISS!! PISS!!!

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

≫ EDIT

緊急決定!!

明日(31日)、
昼公演後に

トークショーを
開催することになりましたっ!!


キャスト陣で
あんなことも
こんなことも
お話ししちゃおうって寸法です!!


これはもう早い者勝ちっすよ☆


お待ちしておりますぜ!!!

| モブログ | 03:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中日を折り返して。

昨日で7ステージが終了しました。


日々、
新しい発見があります。

日々、
気付かされることがあります。


まだまだ。

もっともっと。


ひとつひとつを研ぎ澄ませて
あの人物を生きようと思います。

彼が
何を持って生まれて
何の為に動いて
何に揺り動かされて
何から逃げて
何を突きつけられて
何を許されなくて
何処にたどり着いたのか。


見届けて下さい。




あ。
今回のPISS!特典なんですけどね、
両国にちなんだ◎◎入り◎◎になります。

我ながら、
予想を上回る仕上がりにニヤニヤしております。

評判も上々です。


まだお席に余裕がある回もあるようです。
皆さんのご予約お待ちしております。



あ。あ。
これまたご好評いただいております
今回の販売パンフレットには
あの子が素敵な文章を寄稿してくれました。

なんか嬉しかったなぁ。
そちらも併せて要チェックですぜっ☆☆

| 日記・独り言 | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時は来た。それだけだ。

かつて破壊王・橋本真也は

大一番を前にしての心境を聞かれ、こう答えた。


プロレス史に燦然と輝く名文句である。

(色んな意味でねwww)


枯れるやまぁの開幕を数時間後にむかえる

AND ENDLESSの異端児・加藤靖久の心境は

まさにこんな感じである。


なんなら木村健吾の

「・・・・・・稲妻っ!!!」

をプラスしても良い。

(久しぶりの更新のくせにマニアック満載でスマンヌ)



さぁて、

いっちょやったろかい。


劇場にて待つ。

期待してくれて大いに結構。



AND ENDLESSの大傾奇、

とくと見さらせっ!!!!!!!!

| 日記・独り言 | 07:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

弱ってるアナタへ。

今日は暑いっすねぇ。


完っっっっっ全に夏の空気だよね。

無条件にテンションが上がるワタクシです。


そんな夏の洗礼に

早くも負けそうになっているそこのアナタ。

そんな時にはね・・・・・・



美味いメシをガッッッッッッツリ喰らえば良いのだよ!!!

半ば意地になって強力なメシを喰らうのだよ!!!!!!!



夏バテ!?

そんなん知らんわっ!!!

な勢いで。


俺ぐらいのレベルになると、

昼から本気出すかんね!!!!!



向かった先は

東中野にある【大盛軒】。

ちょいちょいTVの取材なんかも受けてる

プチ有名店で御座います。


昔はね、

大学のある江古田にもあったもんで

そらしょっちゅう通ってた店なんです。


注文したのは

永遠の人気NO.1メニュー『鉄板麺』
100704_1202_01.jpg 

これでもかってぐらいの湯気と

けたたましく響くジュ~ジュ~の音。

(確か江古田店では『スタミナジュージュー焼きセット』って名前だった)


そしてご覧の通り、

その名に恥じぬ盛りっぷり。

目の前にチュド~ンと置かれた時には

「さ、さすがに昼からやりすぎたかっ??」

うん。

いきなり後悔しましたwww



もう頼んじまったもんはしょーがない。

今度からは冷やし中華にしましょうね。

と、自戒の念を込めつつ一口目を運ぶと・・・


うっま~い


もう全てがブッ飛びました。

タマネギが効いた特製タレが絡みまくったブタ肉と

コゲ目がつきつつもシャキシャキとした食感をのこしたキャベツ。

白米とのシンクロ率400%。

止まれ止まれ止まれ~!!!

怒涛の逆碇シンジ状態。

ふぅ。危なかった。

ノーマルのままで全てを喰い終えてしまうところだった。


脅威の味変にこそ、『鉄板麺』真骨頂があるのだ。

ブタ肉&キャベツの楽園の真ん中らへんに

ちょっとした凹みを作る。

そこに生卵&カリカリガーリーックチップを投入。


コレが第二形態。

喰らう。


うっま~い☆☆


さらにラーメンコショーを大量投下。

昨日のアルゼンチン敗退の悔しさを込めつつ

「ちくしょうっ、ちくしょうっ、ちくしょうっ!!!」

とガンガンに振りかける。


コレが第三形態。

喰らう。


うっま~い☆☆☆


まだ終わりませんぜ。

さらにテーブルの上に鎮座まします

スカイツリーとタメ張るくらい巨大なタバスコ瓶を手に取り

ジャングルに降り注ぐ真夏のスコールのように

鉄板にむかってシェイクシェイクシェイク!!


そう。コレが地獄の最終形態。

喰らう。


やっば~い

さすがに少しやりすぎました。

舌先が若干痺れてきた。

流れる汗もハンパない。

マジでナイアガラぐらいの水量だ。

何だか頭もボ~っとしてきた。

俺はここで果てるのか。

母親の笑顔が脳裏に浮かぶ。。。


100704_1216_01.jpg 

完食。


母上様、

靖久は悪魔に打ち勝ちましたよ!!!



ふう。

漢の闘いは続くぜ。


次はラーメン二郎にでも乗り込んでやろうかな。。。


| 日記・独り言 | 17:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

敗戦後の隣人さん

負けちゃいましたね。。。


劇団の事務所で

佐久間・洋二郎・諒太・下浦と共に

これでもかってぐらい応援しました。


PK戦の時なんかは、

日本代表と同じように

全員立って肩組んだりもした。

無論最後はヒザ立ちまでやったさ。


悔しかった。

さんざんTVやスポーツ新聞等で

色んな人が

色んな視野からの

感想を述べてたりしますから

ここで俺の意見は

あえて発表しません。


その代わりといってはなんですが、

敗戦後の隣人さんを。。。


100702_0016_01.jpg 

これは例のホワイトボードに書かれた

隣人さん作による決勝トーナメント表。



100702_0016_02.jpg 

もの凄いレイアウトバランスの悪さが際立つ

隣人さんらしいメッセージ。


100702_0017_01.jpg 

読めるかな??

どうやら隣人さんはサッカー界のオーナーのような立場らしいwww




もうひとつ。

こんなのを見つけました。


すげぇ胸打たれたので

勝手ながら転載します。




確かにPKをはずしたから
駒野のせいだと言われるかもしれない。

しかし、それはあくまで何万というプレーのなかの1回であり、
勝負とは全員が責任を追うものである。


駒野なんて大したことはない。

中三のときに父親を無くして、
私立初芝橋本高、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島などからスカウトされたが、
寮住まい出来て経済的負担が最も少ない広島ユースに入り
休日でも友人と遊びに行かず、寮に残ってトップチームのビデオを見て研究し
プロ契約してから現在まで欠かさすことなく母親に仕送りをし続け
弟の大学の学費まで全額負担し
性格は純朴そのもので、森崎和幸曰く「今時珍しい生き物」で
左膝前十字靭帯損傷の療養中にエコノミークラス症候群にかかり
生命の危機に陥ったが、不屈の闘志で復活し、アテネ五輪代表に選出され
アテネ五輪ガーナ戦で鎖骨骨折、一ヵ月後ブドウ膜炎まで発症し失明の危機もあったが
それすら乗り越えて日本代表になった。

そんなドコにでもいるプレーヤー、それが駒野。




侍JAPANの戦士達よ、

あんたら最高だったぜ!!!!!!!!!!

| 日記・独り言 | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月