LOG IN

加藤靖久 PISS! PISS!! PISS!!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悲劇の主人公というものは

『“愚か者”でなければならない』

という事を、かの三島由紀夫はその文学論の中で言っているそうだ。

 

武士や騎士や軍人がそうであるように、

日常や世界のルールに盲従するある種の愚かしさを持った人物。

そうした人物が、襲い掛かる破局の中で一瞬だけ

その愚かしさをはるかに越えた高みに到達し、

致死性の光明の中に包まれる。

これが悲劇が悲劇として成立するために不可欠の条件だ。

という論旨。卓見だと思う。

 

【悲劇の主人公】の代名詞とも言える

源義経”にこれを当てはめて考えてみると、

「まさに!!」と声を発してしまいそうになるぐらい合点がいく。

 

あと2週間で全てが終わる。

 

そんな彼の生き様を一番近くで見届けられる己の役目に感謝し、

そして、彼が最高に鮮やかな輝き包まれる事ができるよう

精一杯支えていこうと思う。

 

あと2週間で全てが終わってしまうのだ。

 

| 日記・独り言 | 04:25 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

最高の悲美の英雄と散れ☆



Have a best 2weeks in this story!!!




| ちひろ | 2006/08/30 00:16 | URL | ≫ EDIT

the だな。。。

| ちひろ | 2006/08/30 00:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。