LOG IN

加藤靖久 PISS! PISS!! PISS!!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私は今日まで生きてきました。

ウチのTVは87年製だ。

自他ともに認めるTVっ子の俺は、

20年もの間コイツの世話になっていることになる。

最近、つけた時に若干の画面の乱れがあるが、全然元気。

19型のビクター製のコイツから様々な情報を浴びた。

家のなかにあるモノをぐるっとひと通り眺めてみたら、

このTVが一番のベテランだった。【俺と一緒にいる暦】の。

 

高校の入学祝に買ってもらったエレキギターが15年。

一目ぼれした緑の長袖の柄シャツが14年。

卒業して独り暮らしを始めた時に揃えてもらった

【一緒にいる暦タイ】のモノは結構沢山ある。

冷蔵庫、電子レンジ、やかん、目覚まし時計などなど・・・。

中学の頃から愛用していたグローブやペンケースは

いつの間にかどこかに消えてしまった。

 

こないだ、劇団内公演発表の翌日、

緊張の糸が切れたが為の発熱と共に31年目の人生に突入した。

久々に長い時間布団を被っていたので、いろ~んなコトを考えていた。

脈絡のカケラも無い思考の無軌道さを楽しんだ。

どれだけの時間が経過したのかは判らないが、

やがて自分に戻ってきた。終着した。

 

激烈なノドの渇きを覚え、

かろうじて身体のコントロールが効くようになったからベッドを這い出す。

定番のポカリスウェットを一気飲みして、トイレへ。

一服してから、ベッドに戻らずモゾモゾとロフトを上がって行く。

未だ整理しきれていないダンボールの山脈から

いくつかの本・マンガ・CDをピックアップして下りてくる。

そのどれもが俺という人間の人格形成の過程において、

良くも悪くも多大な影響を与えてきた“教育係”である。

今回のセレクトは特に初期の“教育係”に限定したせいもあり、

数年ぶりの再会を果たしたモノばかりだ。

なるべくハッキリとした意識で彼らと向かい合わなければ

失礼にあたるという想いが強くあり、

部屋の窓を全開にして、くぐもった空気を外に追いやった。

 

幸せな時間をだった。

 

私には 私の生き方がある
それは おそらく自分というものを
知るところから始まるものでしょう
けれど それにしたって
どこで どう変わってしまうか
そうです わからないまま生きて行く
明日からの そんな私です

 

 

誰にだって「このまま死んだっていい」と思えるような

最高の夜があるはずなんだ

そんな思い出のひとつでもあれば

どれだけ苦しくても生きていけるはずなのに

 

 

俺は【これから】が楽しみでしかたない。

| 日記・独り言 | 20:37 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

明日がくる。当たり前の様に思う。

でも。明日を迎えられる。そのコトに。感謝が必要。そう思う。

無意味な出会い。って。ないと思う。

加藤くんが。役者であって、良かった。

おめでとう。と。ありがとう。



風邪は。大丈夫そうですね(^^)

ゆっくり。じっくり。ですよ。

| がっちゃん | 2006/11/06 20:46 | URL | ≫ EDIT

素晴らしいTVですね。



アナログ放送終了まで

頑張っていて頂きたい、と思いました!




| トシオ | 2006/11/06 21:16 | URL | ≫ EDIT

物持ち良いですねぇ~☆



【これから】カトさんは何処へ行ってしまうのでしょぉ~・・・。




| ちひろ | 2006/11/06 23:37 | URL | ≫ EDIT

物、時間、記憶、思い出・・・

「自分」という変わらない入れ物の中に、

常にかわりゆく「自分」がいる。

そっと目を閉じ、涙しました。



さて、31歳の「自分」に待ち受けるものは?!

部長の「今日」そして「これから」に・・・

乾杯!

| ♪西新橋♪ | 2006/11/07 04:38 | URL | ≫ EDIT

長い間ブログが止まっていたので心配だったのですが



生きてらして良かったです(´v`)

TV共々お大事にどうぞ





気の利くような言葉がなくてすんません

| ○ラアリス | 2006/11/12 02:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT