LOG IN

加藤靖久 PISS! PISS!! PISS!!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奇跡みたいな夜

おととい18日から

シアタートラムの稽古場に

ガッツリ腰を据えて

いよいよ本番までの

ラストスパートが始まりました!!

 

なので。

大道具が搬入されたり、

続々と本番用の小道具が揃ってきたりして

ジワジワとカウントダウンを

実感するようになってきたよ☆☆

 

そうそう!

今回の舞台セットで使う

段ボールのペンキ塗りなんかも

お手伝いさせてもらったんです♪

 

普段アンドレの時なんかは

全部舞台部さんにお任せしてしまっているので

これはマジで楽しかった。

俺、高校の演劇部時代はさ

装置担当だったから

もうその頃のフレイバーが

ググ~ンと甦ってきたりしちゃってヤバかった。

終わってハケとかローラーなんかを

洗い場でゴシゴシしててさ、

洗えども洗えども全然綺麗になんねぇ感じとか

最初はお湯だったくせに突然冷水になっちゃう感じとか

「そうそう!こうだったこうだった!!」

みたいなねwww

 

何かね。

羽衣に参加させてもらって

ま、深井・糸井の両名が

稽古場にいるってのが一番大きな要因だと思うんだけど

【芝居を創る】

ってコトの面白さとか

【なんで表現をやってるんだろう?】

っていう根本に流れているモノとか

そういった、

なんつ~のかしら?

俺がもう18年前とかに

初めて演劇と向き合った時に抱いた

初期衝動みたいなのをさ、

ビッシビシ呼び起こしてくれるモロモロが

たっっっっっくさん稽古場に転がっているんです。

 

だから今、

羽衣の現場に毎日通っていて

面白くてしょうがないの。

だって刺激に満ち溢れてるんだもん。

 

まだ本番を迎えたワケじゃないし

つうか通し稽古すら始まってねぇけどさ、

今回声をかけてくれた二人には

素直に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとな。

 

きっちり先輩らしいとこ見せてやるから

見といてくれよ。

 

さ、またハードル上がったぞwwwwww

 

 

昨日の稽古が終わって、

三茶から深井・藤さんと一緒に

チャリチャリと帰ってたんです。

 

んで。

環七に入ったとこで

最後は藤さんと二人になったのね。

そしたらいきなり

「先輩、ビール飲んでく?」

ってお誘いを受けたんです。

(あ、“先輩”ってのはさ

 深井・糸井が俺をそう呼ぶもんだから

 自然とそれが俺の呼び名になってるんですよ。

 年上のスタッフさんも、今回始めてご一緒する俳優さんも

 み~んな“先輩”って呼ぶの。恐縮っす)

 

突然すぎたので

瞬間はかなり動揺したんだけど、

断る理由は無いし

『これはハンパない展開だ!』

って俺のオモシロ察知アンテナが

敏感に反応しまくったので

厚かましくもお言葉に甘えるコトにしました。

 

藤さんはね、

ムチャムチャに格好良い俳優なんだ。

ムチャムチャに魅力的な男なんだ。

だから俺は

ムチャムチャに藤さんが好きなんだ。

 

俺にとっての憧れであり、

俺にとってのオンリーワンであり、

いつか見てろよコノヤロー!!は

児島功一なんだけども、

藤さんはちょっと違うんだよな。

 

うんとね、

上手く言葉にはしにくいんだけど

艶っぽくて、男っぽくて

なによりとにかくチャーミングで、

どの現場でも自然と愛され

藤さんのまわりに輪が出来る。

俳優としての技量は勿論のこと、

その何倍も何十倍も

人間としての力の大きさを強く感じる。

そこに誰もが惹きつけられる。

もうズルイくらい

一挙手一投足が素敵な男なんだ。

 

あ、児島さんと同じじゃんかwww

だから大好きなのか。

 

昨日の稽古場でも

藤さんのシーンを

演出席の真下に陣取って見ちゃったんだけど

凄ぇや、あの人。

何か知らんが格好良いんだわ。

悔しさも覚えたもん。

見てろよ、藤一平!!!

あ、やっぱ同じかwwwww

 

 

そんなこんなで

お邪魔してしまいました。

美味しいビールだけでなく、

奥様・眞弓さんの手料理まで頂いてしまい

それもかなりガッツリとご馳走になり、

超至福な時間でした。

もう何だか幸せすぎて

こんな奇跡みたいな夜を逃すまいと

インタビュアーみたいになってしまった俺は

色んなお話を伺いました。

お二人の出会いの話、

高円寺で暮らしていた頃の話、

自然な流れで芝居や表現の話。

 

最高に楽しい時間だった。

あんな風にキラキラと歳を重ねられたら

どんなに素敵なんだろうと

お二人を見て心から思った。

 

本当にありがとうございました。

こんな俺ですが、

これからもご指導宜しくお願いします。

 

多分またすぐに伺いますんで!!!

宜しくお願いしま~す☆

 


 

・・・・・・あのですね。

【ドイツ編】なんですが

本番終わってからでもイイですかねぇ??

 

何か気持ち的に

それどころじゃないんですよね。

 

【ドイツ編】書く時間あったら

もっと稽古の様子とか書きたいんじゃい!!

ってのが本音なんですぅ~(涙目)

 

やっぱアレかな?

本番終わったら

何かもう飽きちゃって

結局書かなくなるパターンなのかしら?

 

ご意見求ム。

| 日記・独り言 | 08:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今のテンションを伝えて欲しいです。久々の身には…そのテンションを受け取って観たいです。

| 廣悦 | 2010/01/20 18:18 | URL | ≫ EDIT

As you likev-238

| 275☆ | 2010/01/20 19:22 | URL | ≫ EDIT

いつでもどうぞ~

「ドイツ編」は いつでも。
急ぎませんよ~。

加藤先輩のなうを 少しでも感じられたら幸いです。
書きたいこと 書いてください!

| nagine | 2010/01/20 21:20 | URL | ≫ EDIT

今は

今書きたいものを書きたいように!
それが読んでる私も楽しいです

「ドイツ編」、時間たってもいいですからね

ゆっくりお願いします

| akira | 2010/01/22 22:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kachokacho.blog102.fc2.com/tb.php/628-1250cb5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。